どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2016/08/05,06
20年以上も昔の映画「ホーム・アローン2 (1992)」を観ていたら、ドナルド・トランプが出てきた。

イオンシネマ新百合ヶ丘でロビーで開場を待っていたら大声で騒ぐ声が聞こえた。よほど行儀の悪い客がいるのかと思ったら、従業員が安売り店みたいに声を張り上げて売店への呼び込みをしていた。非常に騒々しくて映画を待つ楽しみが削がれた。普段から映画館で騒ぐ子供にはうんざりしているが従業員が率先して騒いでいたら映画館では騒ぐものだと子供たちも思うだろう。


【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ニュースの真相  金曜日公開

2004年、CBS-TVの報道番組は再選を目指すブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑をスクープする。しかしその報道の根拠となった文書が偽造ではないかという疑念が生じて司会者やプロデューサーは批判の矢面に立たされる。実話を元にした映画。
       ケイト・ブランシェット、ロバート・レッドフォード

 秘密 THE TOP SECRET  (日本)

 死者の脳をスキャンして生前の記憶を再生して操作を行う科学警察第九研究室が、猟奇事件を追う。
      生田斗真、岡田将生、吉川晃司、松坂桃李、織田梨沙

 ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~  

 先進国による途上国への支援は本当に役立っているのだろうか。途上国が独力で発展としようとする障害になっているのではないか。ハイチやアフリカなど20か国の現状を取材したドキュメンタリー。


【最近気になる公開予定の映画】

 The Great Wall (中国/米国)  2017年2月米国

万里の長城は1700年かけて築かれた。北からの異民族の侵略を防ぐためとされているが実はもっと恐ろしいものを防ごうとしていた。
  マット・ディロン、ウィレム・デフォー、アンディ・ラウ 


(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)


テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4891-f17e3a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)