どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ゾンビスクール! (2014) ★
汚染されたチキンナゲットを食べて感染して狂暴化した小学生たちが教師が襲うホラーコメディ。DVDで観た。
 子供たちが子供に噛みついたり引っかいたりするだけで感染してしまう。大人は噛まれても吐いたりはするが狂暴化はしない。その代わり食べられてしまう。
 エンドクレジットの後に映像あり

□ 故郷のイリノイ州に戻っていたホラー作家志望のクリント・ハドソンはフォートチキン小学校の出産休暇の教師の代理となる。休暇中の校長の代理をしているシムズ副校長は生徒だけでなく教師の携帯電話も取り上げている。クリントの同級生で、教師をしているルーシー・マコーミックと15年ぶりに再会する。常に痴漢撃退用のブザーを身に着けているレベッカを始め、教師たちは変わり者揃い。性格の悪い体育教師のウエイドはルーシーの恋人だった。
 クリントの授業中、生意気な生徒ペイトリオットが顔にできものができているシェリーのおさげを引っ張るとなんとおさげが抜けてしまう。シェリーはペイトリオットの頬にかみつき教室を飛び出していった。クリントはペイトリオットを保健室に連れていく。
 運動場に飛び出したシェリーが次々と生徒たちを襲い襲われた生徒たちが狂暴になっていく。

 門番をしているリックからシムズ副校長に生徒たちが運動場でピーターセン先生を食べているという連絡が入る。運動場に出た副校長も食べられて室内で休憩中の教師たちもやっと異常事態に気づいた。狂暴になったペイトリオットが電話回線を切ったため外部への連絡もできない。ペイトリオットは運動場の生徒たちを校舎内に引き入れる。
 生き残った教師たちと狂っていない生徒のカルヴィンは図書室にたてこもる。傷つけられたのになぜか発症していない女生徒のタマラも加わる。
 携帯電話は校長室、低血糖症のカルヴィンには何か糖分が必要。
 ・・・・・・


・ 監督: ジョナサン・マイロット、キャリー・マーニオン
・ 出演: イライジャ・ウッド、レイン・ウィルソン、アリソン・ピル、ジャック・マクブレイヤー 、リー・ワネル、ナシム・ペドラド、イアン・ブレナン、ホルヘ・ガルシア
     サニー・メイ・アリソン、クーパー・ロス、アルマーニ・ジャクソン、モーガン・リリー

【映画の中の映画】 ウェイドがクリントに言うセリフ「ホビットのようにソッと見ているのか」。イライジャ・ウッドは「ロード・オブ・ザ・リング」でホビットを演じた。
【映画の中の日本】 ハタチは一応日本人という設定らしい。

■ゾンビスクール! COOTIES (2014/2016) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4886-3ff87c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)