どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

インデペンデンス・デイ:リサージェンス (2016) ★★★
前作同様ストーリーが都合良すぎる感じはするけれどビジュアル重視の娯楽大作として楽しめた。
 前回よりはるかに巨大なエイリアンの巨大宇宙船が襲来、20年かけて再度の攻撃に備えてきた軍備はまったく歯が立たず、圧倒的な戦力で世界の都市や軍隊が壊滅させられていく。
 20年前の前作を知っている人には、前作主演のデヴィッドとその父、自身も戦闘機に乗ったホイットモア大統領、気違いじみた科学者オークン博士など前作の出演者が同じ役で出演している。ただし前作で大活躍したヒラー大尉(ウィル・スミス)はその後事故死してホワイトハウスに写真が飾られている。本当かどうかわからないがギャラが折り合わず墜落死させられたらしい。代わりに?ジェシー・T・アッシャーが息子のディラン・ヒラー大尉を演じている。
 3作目が企画中で本作の最後に前振りがある。

□ 20年前のエイリアン襲来以来、人類は人種や宗教によるいさかいをやめエイリアンの技術を応用して軍備を整えエイリアンの再度の襲来に備えてきた。20周年記念式典の直前、土星基地からの通信が途絶え、月面基地に以前来襲したものとは違う球形の大型宇宙船が現れ基地からの攻撃で撃墜される。
 20年前にエイリアンと戦ったデヴィッドは月面に墜落した残骸から意味不明のマークがついた物体を回収する。
 記念式典の最中に月よりも大きな超巨大な宇宙船が現れ月面基地は崩壊、宇宙船は大西洋を覆うように着水し周辺の都市を津波が襲う。
 釣りをしていたデヴィッドの父ジュリアスの船は波に乗って打ち上げられ気を失っていたところを親を失い車で逃げていた子供たちに助けられる。ジュリアスは子供たちと内陸のエリア51に向かう。
 エリア51では20年前に捕らえられ硬直状態だったエイリアンの捕虜たちが目覚め騒ぎ始める。同じく20年間昏睡状態だったオークン博士が目覚める。20年前大統領として戦ったホイットモアは年老いて娘パトリシアの世話になっていたがエリア51に駆けつけ、自分を犠牲にして捕虜のエイリアンから情報を得ようとする。ホイットモアの捨て身の行動によってエイリアンの弱点が突き止められる。
 一方、デヴィッドやオークン博士は月面で回収した物体の正体をつきとめようとしていた。
 ・・・・・


・ 監督: ローランド・エメリッヒ
・ 出演: リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、マイカ・モンロー、ジェシー・T・アッシャー、トラヴィス・トープ、ウィリアム・フィクトナー、シャルロット・ゲンズブール、ジャド・ハーシュ、ブレント・スピナー、サラ・ワード、アンジェラベイビー、ジョーイ・キング
> 祝典会場の壇上でグレイ将軍として紹介される軍人は前作にも出演していた。演じているロバート・ロジアは2015年12月に亡くなった。
> 8歳ころの「REC:レック/ザ・クアランティン(2008)」から見ているジョーイ・キングの胸が大きくなっていた。
> ジョーイ・キングと一緒に車に乗っているハンサムな少年は「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声(2014)」のギャレット・ウェアリング

【映画の中の中国】 月面基地の司令官は中国人。ジェイクやディランと行動を共にするパイロットのひとりは中国人女性のレイン(アンジェラベイビー)。これらは中国市場を意識したものだろう。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2D字幕) INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE (2016/2016)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4872-04a6ae72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)