どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

エンジェル 哀しき復讐者 (2014) ★
悪が支配する地域に住むチェス好きの少女が警察とギャングの板挟みになった家族のためにチェスのコマのように関係者を操ろうとする。
 アビゲイル・ブレスリンがショーン・ビーンと対決する犯罪映画。DVDで観た。
 可愛い女の子が人を殺す映画は好き出し、私には“良い子”のイメージのアビゲイル・ブレスリンが新しい面を見せてくれるかと、多少期待したが映画としては残念だった。
 アイデアとしてはおもしろそうなのだが映画としてはつくりが雑だと感じた。
 たとえばフランクの家での食事の場面でアンバーの横に映る窓に男の頭が2度映る。フランクの手下かもしれないが映画スタッフが映りこんだのではないだろうか。
 フランクのオフィスでの殺人をハナがドアの隙間から見てしまうとか、アンバーとビルのキスを窓からボビーが見てしまうとか、ストーリーが安易すぎる潜入捜査員が小娘にどなられて自分の正体をしゃべってしまう。ギャングのボスが拳銃や手りゅう弾を事務机の上に放置していて目の前で盗まれても気が付かない。ドニーを訪ねてきた刑事が留守番の女の子に、平気で人を殺すギャングを密告しろというドニー宛の伝言を頼む。等々

□ 暴力と犯罪に支配された地域に住むチェス好きの少女ハナは、ドニーおじさんと姉のアンバーと暮らしている。ドニーは昔はチェスの名手だったがクスリで挫折しいまだにクスリをやめられない。
もうひとりの叔父のフランクは町に君臨するギャングのボスで、ドニーに作らせたクスリを売りさばいている。
 ダイナーで働くアンバーは客のビルと親しくなる。
 留守のドニーを訪ねて来た刑事たちがハナにフランクの犯罪を暴くのに協力するように伝言する。協力を拒みドニーが刑務所に入れられればハナは施設に送られる。しかしフランクを裏切ればたとえ身内でも殺されるだろう。フランクがいる限りハナにもアンバーにもドニーにも自由はない。

 ハナはチェスの手を考えるように作戦を考える。
 ハナはフランクに申し出てクスリの運び屋となる。未成年の少女が自転車でクスリを運んでいるとは警察も思わないだろう。
 ハナはドニーから預かったクスリをビルに届け、受け取った代金をフランクに届けて駄賃をもらった。
 出回ったクスリに混ぜ物があることがわかりビルはフランクに文句を言う。ビルの仲間がふたり殺される。覆面をしていたが犯人はフランクの弟のボビーだった。
 ・・・・・・


・ 監督: マーク・ヤング
・ 出演: アビゲイル・ブレスリンショーン・ビーン、ジェームズ・ピュアフォイ、アレクサ・ヴェガ、リュー・テンプル、ジェイク・ビューシイ

【映画の中の映画】  「Night of the Living Dead (1968) 」ハナがTVで観ている。

■エンジェル 哀しき復讐者 WICKED BLOOD (2014) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4871-317f363a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)