どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

コンティニアム CPS特捜班 Vol.1-1 (TV2012、カナダ)
65年後の未来からテロリストたちがやってくる。彼らは現代で革命を起こそうとする。テロリストたちのタイムトラベルに巻き込まれてやってきた女性警官が現代の警官と協力してテロリストたちと戦う
2012~15年まで4シーズン続いたカナダのTVシリーズのシーズン1の第1、2話をDVDで観た。

【1】 A Stitch in Time
 2077年、北アメリカ連邦バンクーバー地区。テロリストグループ"Liber8"8人の公開処刑が行われる。しかし処刑直前に爆発が起き警備をしていたCPS(都市警護局)警護官のキーラ・キャメロンも巻き込まれてしまう。
 見慣れない場所で意識を取り戻したキーラはCPSに連絡しようとするがつながらない。一味のひとりを見つけて自白させると彼らは処刑を逃れるために過去にタイムトラベルした。ただし6年前に戻るはずが、65年前の2012年に戻ってしまった。
 なぜかキーラの通信を聞いた青年アレック・サドラーは驚く。なぜならその通信技術はアレックが開発したものでまだ未公表だった。
 キーラはポートランド警察の警官と偽り、バンクーバー警察特捜班のカーロス・フォネグラに"Liber8"の情報を流す。
 テロリストたちが銀行を襲う。


> 公開処刑に老いたアレック・サドラーが立ち会っている。8人とキーラが消えた時、他の人たちは驚いているがサドラーは冷静で薄ら笑いさえ浮かべている。"Liber8"のタイムトラベルにはサドラーが関与しているのではないか。65年前に飛んだのも、キーラが巻き込まれたのもサドラーの意図ではないだろうか。

【2】Fast Times
 キーラには夫と幼い息子がいた。夫が勤務しているサドテック社の創設者こそ、2012年でキーラと接続したアレック・サドラーだった。キーラは体に埋め込まれた液体チップによって周囲に気づかれずにアレックと通信でき情報やアドバイスを受けられる。
 ポートランド警察の警官だといううそがばれてキーラはカーロスに拘束される。
 変電所が襲われる。警察から逃げ出したキーラはテロリストたちが大きな電力を使って未来に戻ろうとしていると推理する。
 アレックは大きな電力を作り出せる理論を持つフレイザー博士が狙われるはずだとキーラにアドバイスする。
 キーラは大学のフレイザー博士の研究室に向かう。


・ 企画: サイモン・バリー
・ 出演: レイチェル・ニコルズ、ヴィクター・ウェブスター、エリック・ヌードセン、スティーヴン・ロボ、ロジャー・クロス、レクサ・ドイグ、トニー・アメンドーラ、ブライアン・マーキンソン

> ドーナツ: 米国では「警官はドーナツが好き」ということになっているらしい。エピソード2の最後に警察署内を案内しているカーロスがキーラに「自販機のドーナツはうまくない」と言っている。

■ コンティニアム CPS特捜班 CONTINUUM Vol.1-1 (TV2012、カナダ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4867-fe396915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)