どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

シリアル・キラー アイリーン「モンスター」と呼ばれた女 (2003) ★
1989年からの1年間にフロリダ州で男性7人を殺害して死刑となった実在の女性連続殺人犯アイリーン・ウォーノスのドキュメンタリー。DVDで観た。
本人が生存中に撮影されていて本人の映像がふんだんに出てくる。

 ニック・ブルームフィールド監督によるアイリーンのドキュメンタリーとしては2作目で1作目「Aileen Wuornos: The Selling of a Serial Killer (1992)」は最初に死刑判決が出たころに公開されている。2作目となる本作には、処刑前日のアイリーンのインタビューも納められている。アイリーン・ウォーノス(46)は2002年10月9日朝9時47分にフロリダ州刑務所で薬物注射により死刑となった。
 シャーリーズ・セロンが「モンスター(2003)」でアイリーンを演じてオスカー主演女優賞を獲得した。
 アイリーンはホームレスでヒッチハイクをしながら売春をしていた。男相手に売春をしていたがレズで、連続殺人のころにはタイラという恋人がいた。

□ 最初の弁護士は無償で弁護を引き受けた。その代わりにメディアがアイリーンに取材するときに多額の仲介料を要求した。弁護士はアイリーンに裁判で自供することを勧めた。
 恋人タイラはアイリーンと電話で話した時に自分も捕まると泣いた。アイリーンは自供を決心した。タイラと州警察はグルになってハリウッドに全米初の女性連続殺人犯の話を売り込んでいた。それがバレて州警察の関係者は辞職した。
 アイリーンは殺人を自供し正当防衛を主張した。しかし判決は死刑だった。
 死刑判決を受けてから10年もたって、死刑制度支持をアピールして再選を狙う州知事はアイリーンの死刑執行書にサインした。執行日は選挙の1か月前だった。
 死刑執行日の直前、アイリーンの元代理人が死刑の停止を申し立てた。知事は3人の精神科医に死刑に処すべきか精神鑑定を依頼した。たった15分の鑑定で死刑が確定した。
 アイリーンからの呼び出しで、死刑執行の前日、ニックはアイリーンに最後の面会をした。
 アイリーンの最後の夕食はKFCとポテトだった。
 死刑当日の朝、刑務所前にはたくさんのメディアが陣取っていてTVでもニュースが流れている。メディアの取材を受けたニックは、昨日会ったアイリーンは正気を失っているように見えた。死刑には納得できないと語った。


・ 監督: ニック・ブルームフィールド、ジョーン・チャーチル
・ アイリーン・ウォーノス
・ 4:3
> アイリーンの恋人"Tyria Moore"のカタカナ表記を「ティリア」としている記事もあるが、この映画の字幕では「タイラ」。英語音声も「タイラ」と聞こえた。

【映画の中の映画】 「インデペンデンス・デイ (1996)」:アイリーンの最後の言葉にタイトルが使われている

■シリアル・キラー アイリーン「モンスター」と呼ばれた女 Aileen: Life and Death of a Serial Killer (2003/未) ★

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4863-3fade048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)