どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅 (2016) ★★
原題はルイス・キャロルの原作と同じ"ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS" (鏡の国のアリス)だが、成長したアリスが再びワンダーランド(不思議の国)に戻るという内容なので原作のキャラクターを借りた別の物語。内容は邦題通りアリスが過去を行ったり来たりする。 「アリス・イン・ワンダーランド (2010)」の続編。
理屈抜きに楽しめる。ただし前作の方がおもしろかった。

□ 1875年、父親の跡を継ぎ帆船ワンダーの船長として世界中を旅したアリスはロンドンに戻る。しかしアリスが留守のうちにワンダーは売られアリスは船長を解任されて事務職になることになっていた。
 アリスの前に蝶になったアブソレムが現れ鏡を抜けてアリスを再び"アンダーランド"に導く。
 アンダーランドではなつかしい友達たちが集まってふさぎこんだハッターのことを心配していた。
 アリスがハッターの家を訪ねると、若いころに作って父親が捨てたはずの青い帽子を見つけたハッターは、ハルベンダッシュの日に全員焼け死んだはずの家族が生きているのではないかと思い悩んでいた。ハッターはアリスに家族を見つけてほしいと頼むがアリスは不可能だと断る。絶望したハッターはアリスを追い出す。
 白の女王ミラーナはタイムが管理するクロノスフィアならば過去に行けると言い出す。アリスはタイムを出し抜いてクロノスフィアを手に入れハッターの家族を助けようとするが・・・


・ 監督: ジェームズ・ボビン
・ 原作: ルイス・キャロル "ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS" (鏡の国のアリス)
・ 出演: 
  ジョニー・デップ   ........... マッドハッター、タラント・ハイトップ
  アン・ハサウェイ   ........... 白の女王、ミラーナ
  ミア・ワシコウスカ  ........... アリス・キングスレー
  マット・ルーカス    ........... トウィードルダムとトウィードルディー
  リス・エヴァンス   ........... ザニック・ハイトップ、タラントの父親
  ヘレナ・ボナム=カーター  ........... 赤の女王、イラスベス
  サシャ・バロン・コーエン  ........... タイム
・ 声の出演:
  アラン・リックマン    ........... アブソレム
  スティーヴン・フライ  ........... チェシャ猫
  マイケル・シーン    ........... 白うさぎ
  ティモシー・スポール  ........... ベイヤード
  ポール・ホワイトハウス  ........... 三月うさぎ
> 前作では芋虫だったアブソレムが蝶になっている。声は前作と同様2016年1月に亡くなったアラン・リックマン。

【映画の中の中国】  アリスは中国の皇太后から贈られたドレスを着る。キングズレー母子の貿易会社の看板は英語と中国語

■ アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅 (2D字幕) ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS (2016/2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4862-4ffbb613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)