どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ダーク・プレイス (2015)  ★
28年前、当時8歳だった自分の証言で殺人犯として服役している兄の無実を信じている人たちがいる。28年ぶりに会った兄は自分を殺していないと話す。しかし兄は上告を望んでいない。 兄の有罪を信じながらも妹は事件を調べ始める。
 シャーリーズ・セロン主演のミステリー。
 クロエ・グレース・モレッツが事件当時17歳のかなり素行の悪い少女ディオンドラを演じている。その28年後を演じているアンドレア・ロスが映ったとたんにこの女性がディオンドラだとわかった。クロエ・グレースが年取ったらこういう顔になるんだろうなと納得できる顔だちだった。

□ 1985年、カンザス州キナキー。4人の子供を抱え女手ひとりで農場を切り盛りしていた一家の15歳の長男ベンが母親と妹2人を殺害する事件が起きる。ただひとり生き残った8歳の末娘リジーの証言と、ベンが悪魔を崇拝し、無罪を主張しなかったため有罪が確定する。

 28年後、幼い少女に寄せられたたくさんの寄付や自叙伝の収益でまともな仕事をせずに生きてきたリジーは破産寸前だった。
 ライル・ワースという青年から事件について話してくれればお金を払うという申し出がある。ライルが属する殺人クラブ"THE KILL CLUB"では過去の事件の真相を究明していた。クラブではベンは無罪だと考えていた。しかしあと3週間で経費節減のため証拠が廃棄されてしまうためベンを救い出すことはできなくなる。
 リジーは28年ぶりにベンと面会する。妹の問いかけににベンは殺したことを否定した。
 リジーは兄の有罪を信じていたがお金のために事件を調べることにする。
 ・・・・・・・・


・ 監督: ジル・パケ=ブランネール
・ 原作: ギリアン・フリン "Dark Places (2009)"
・ 出演: シャーリーズ・セロン、クリスティナ・ヘンドリックス、ニコラス・ホルトクロエ・グレース・モレッツ、タイ・シェリダン、スターリング・ジェリンズ、コリー・ストール、グレン・モーシャワー

> 字幕「先住民」=音声 "indian"

■ ダーク・プレイス DARK PLACES (2015/2016、英国/フランス/米国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4853-a33959bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)