どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ジョン・ゲイシー (2003) ★
連続殺人犯ジョン・ウェイン・ゲイシー(殺人ピエロ)を描いた映画。1972~78年にイリノイ州で少年33人を強姦し殺害した。この映画は実際に起きた事件をヒントにした"inspired by"フィクション。DVDで観た。

 ゲイシーは非常に頭がよく勤勉で努力家で 逮捕されたときにはかなりの資産を持つ実業家となっていた。性犯罪で服役した過去があるにもかかわらず地元では名士で、ジミー・カーター大統領(当時)の夫人と握手をしている写真もある。

 映画の冒頭、父親がジョンをなぐるシーンがあるが、父親は息子に強い男になってほしくてジョン・ウェインと名付けたらしい。

 ジョンはゲイを隠していて2回結婚した。最初の結婚中26歳の時に未成年の少年と関係を持って刑務所に入れられ離婚した。服役中に父親が死亡した。
 出所後、家の改装などを行う会社を設立、成功して再婚する。映画に出てくる2人の娘は妻の連れ子。
 ジョン・ゲイシーはパーティでピエロ“ポゴ”を演じて子供たちに人気があった。そのため"Killer Clown"(殺人ピエロ)とも呼ばれている。

□ 1976年、イリノイ州デスプレーンズ。
 ジョンは再婚した妻とその連れ子2人、実の母親と暮らしている。隣家から悪臭で苦情が出ている。
 ジョンが主催する独立記念日のパーティには市会議員も顔を出した。
 ジョンは自分の会社で働く少年を家に呼び寄せ強姦し殺し床下に埋めた。床下はすさまじい臭気と害虫であふれていた。
 行方不明の少年たちを探して刑事たちがやってくる。ゲイシーは刑事が家の中に入ることを拒んだ。令状がないため刑事たちはどうすることもできなかった。
 やがて刑事たちが家の近くに張りこむようになる。
 ・・・・・・
 ジョンの逮捕(1978/12)後、床下から29、川から4人の死体が見つかった。


> 身元がわかった被害者の年齢は9~20歳だった。
> ジョン・ゲイシーの被害者数は45人という説もあるらしい。映画の最後に“被害者は2000人以上と見られ”というクレジットが映されるが信じ難い。

・ 監督: クライヴ・サンダース
・ 出演:  マーク・ホルトン、トム・ウォルドマン、アダム・ボールドウィン
・ 4:3

■ ジョン・ゲイシー GACY (2003)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4850-f811c1c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)