どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

10クローバーフィールド・レーン (2016) ★★
出演者はほとんど3人だけという映画だけど観ごたえがあっておもしろかった。
地下シェルターに監禁されたミシェル。監禁したハワードは外は汚染されているから出られないと言ってミシェルが出ることも禁じる。外部は本当に汚染されているのか、それともハワードは狂っているのか?

一応「クローバーフィールド/HAKAISHA (2008)」の続編だけど内容に関連性はない。また前作は何かに追われる当事者が撮影した映像が後日発見されたという設定だけど、本作は普通に撮影された映画。

□ 恋人のベンと喧嘩して部屋を飛び出したミシェルは夜運転中に激しい衝撃にみまわれる。
 気がつくと床に敷いたマットレスに寝ていて点滴されている。右太ももは金具で固定されている。
 部屋に現れたハワードという大男は、何かの攻撃で外の人間はみんな死んだ。ここはハワードの家の地下シェルターで怪我をしたミシェルを助けて運び込んだ。外は汚染されていて1年か2年か、当分外には出られないと言う。
 シェルターにはもうひとり片腕を吊った若いエメットがいた。エメットはハワードのシェルター作りを手伝った近所の男で、攻撃が始まった時に無理やりシェルターに入りこんだ。ハワードは以前からアルカイダや火星人の攻撃に備えてシェルターを準備していた。しかしエメットが見たのは空の閃光だけで攻撃そのものは見ていない。
 シェルターの出口には二重のドアがあった。外部の汚染を疑うミシェルをハワードは外側のドアまで連れていく。ドアのガラス窓から皮膚がただれて死んでいる二頭のブタが見えた。窓から見えるハワードのトラックの横腹にはミシェルの車と同じ赤い塗料がついていた。ミシェルはハワードが意図的に車をぶつけて自分を誘拐したと考える。
 ミシェルはハワードの鍵を盗んでシェルターから脱出しようとする。
・・・・・・


・ 監督: ダン・トラクテンバーグ
・ 出演: メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・グッドマン、ジョン・ギャラガー・Jr、ブラッドリー・クーパー(ベンの声)

■ 10クローバーフィールド・レーン  10 CLOVERFIELD LANE (2016/2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4846-f0c64174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)