どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

マクベス  (2015)  ★
王を裏切り王位についたマクベスが狂気に陥っていく。シェイクスピアの戯曲「マクベス」の映画化。勇敢で主君を敬い寡黙だったマクベスが、自分の身を守るために疑心暗鬼になり異常性を増していく。寒々としたスコットランドの風景の彩度を落とした映像で狂気が描かれている。

 原作では3人の魔女となっているが、映画では少女を含む4人。イングランドにおけるマルコム王子の場面は省略されている。などの違いはあるもののおおむね原作に沿って映画化されているようだ。

 マクベスは11世紀に実在したスコットランド王だが、史実でのマクベスの在位は17年(1040-1057)と当時としては長かった。マルコムがスコットランドに戻りマクベスと戦ったのは14年後、その3年後にマクベスが戦死し、マルコムがスコットランド王となった(1057)。
 魔女はバンクォーの子孫が代々王となると予言するが、バンクォーの息子フリーアンスの息子ウォルターの息子がスコッランド王ロバート2世となりスチュアート朝を開いた(1371)。
 スチュアート朝9人目のジェームズ6世はイングランド女王エリザベス1世の跡を継いで1603年にイングランド王となった。シェイクスピアのマクベスが初めて上演されたのは1606年ごろらしい。つまり現国王の祖先が登場する舞台だった。

□ スコットランド王ダンカンの治世に起きた反乱は忠義に厚いマクベスの活躍で国王が勝利する。
 戦場のマクベスとバンクォーの前に女たちが現れ、『マクベスはコーダ―の領主となりやがて国王となる。バンクォーは代々の王の父となる。』と告げる。
 その言葉通りダンカン王はマクベスにコーダー領を与える。
 女が言ったマクベスは国王になるという言葉に国王になる夢がふくらんだマクベスは、妻にそそのかされダンカン王を暗殺する。危険を感じた王子がイングランドに逃げたため、容疑が王子にかかり、マクベスは王位につく。
 国王となったマクベスは部下にバンクォーと幼い息子フリーアンスの暗殺を命じる。
・・・・・・


・ 監督: ジャスティン・カーゼル
・ 原作戯曲:  ウィリアム・シェイクスピア
・ 出演:  マイケル・ファスベンダー(マクベス)、 マリオン・コティヤール(レディ・マクベス)、パディ・コンシダイン、 ショーン・ハリス、 ジャック・レイナー、エリザベス・デビッキ、デヴィッド・シューリス

■ マクベス MACBETH (2015/2016、英国/フランス/米国、英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4807-e1e85c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)