どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ゾンビ・ガール (2014) ★
死んだ元カノがゾンビになって戻ってくるホラーコメディ。原題は「元カノを埋める」。DVDで観た
 この元カノ、自分がゾンビだと充分自覚していて、カレシもゾンビになれば永遠に一緒にいられるとカレシに迫ってくる。
 新しい恋人オリヴィア役のアレクサンドラ・ダダリオはこれまで可愛いというイメージがあったけれどかなりの巨乳だとわかった。
 エンドクレジットの後に少しだけメイキングシーン。

□ 「ブラッディ・メアリー」というオカルト店で店番をしているマックスは自分の店を持ちたいと思っている。コスプレ衣装と一緒に、注文していない“なんでも望みをかなえる悪魔のジーニー”という人形が納品される。
 マックスの恋人のエヴリンはエコ・オタク。極端なべジタリアンで卵もミルクもダメ。おまけにマックスが好きな吸血鬼もオオカミ男も頭っから否定している。
 ナースのコスプレを着たエヴリンと店で抱き合い「ずっと一緒」と約束したのを「悪魔のジーニー」の人形が聞いていた。
 一緒に住むようになったエヴリンがマックスに相談もなく勝手に部屋を模様替えしてしまう。エヴリンは好きだしセックスも最高だけど一緒に暮らすのは無理と、別れを告げようと職場から呼びだしたところマックスの目の前でエヴリンがバスにはねられて死んでしまう
 なかなか立ち直れなかったマックスだけど、ホラー大好きのオリヴィアという新しい恋人ができたころ、エヴリンが墓場から這い出て来る。
 ・・・・・・


・ 監督: ジョー・ダンテ
・ 出演: アントン・イェルチン、アシュリー・グリーン、アレクサンドラ・ダダリオ、オリヴァー・クーパー

【映画の中の日本】 健康食品オタクのエヴリンは毎食TOFU(豆腐)をマックスに食べさせようとしていた。

> ブラッディ・メアリー:一般的にはメアリー1世イングランド女王のこと。1547年にヘンリー8世が死去し、エドワード6世がわずか9歳で即位するが15歳で病死。姉のメアリーが即位する。熱烈なカトリック信者で、ヘンリー8世/エドワード6世が進めた反カトリックを撤回しカトリックを擁護、数百人のプロテストタント指導者を処刑し「血まみれのメアリー(Bloody Mary)」と呼ばれカクテル「ブラッディ・マリー」に名を残した。

> ゼネラルミルズのモンスターシリアル WIKIPEDIA20160506 ...........  フルーツブルートのパッケージ写真も載っている

■ゾンビ・ガール BURYING THE EX (2014/未)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4796-66ff84dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)