どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

レヴェナント:蘇えりし者 (2015) ★★
 米国西部開拓時代に実在した猟師ヒュー・グラスをモデルにしたマイケル・パンクの小説の一部を元にした映画。
 1823年、サウスダコタ州で狩りをしていたグラスは子連れの灰色熊に襲われ重傷を負う。グラスは助からないと判断した隊長はグラスの死を見届けてから埋葬するためにふたりを残して出発する。ふたりはグラスがまだ生きているのにグラスのライフル等を盗んでその場を離れ隊長には死んだので埋葬したとウソを言った。足を骨折し身体に深手を負ったグラスは未開の地320キロを旅して生還した。
 映画ではグラスは先住民アリカラ族に追われ、アリカラ族の娘をさらった米国人たちにも追われる。川に流され、馬ごと崖から落ちたりと見どころも盛りだくさん。
 オスカー作品賞・主演男優賞・助演男優賞(トム・ハーディ)・監督賞・撮影賞・編集賞・美術賞・衣装デザイン賞・メイクアップ&ヘアスタイリング賞・音響賞(調整)・音響編集賞・視覚効果賞にノミネートされ、主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)・監督賞(アレハンドロ・G・イニャリトゥ)・撮影賞を受賞した。

□ 毛皮を獲るために狩りをしていた米国人の隊がアリカラ族に襲われる。案内人のヒュー・グラスは沿岸がアリカラ族の縄張りとなっているミズーリー川を船で行くのをあきらめいったん毛皮を隠して陸伝いに砦に戻るように進言し、ヘンリー隊長もその提案に賛成する。
 途中、グラスが子連れのグリズリーにおそわれ瀕死の重傷を負う。グラスが助からないと判断した隊長はグラスの死を確認後丁重に埋葬するようにグラスの息子ホーク、若いブリジャー、老練のフィッツジェラルドの3人を残して隊を出発させる。
 ブリジャーがいないときにフィッツジェラルドはグラスの息を止めて殺そうとして、止めようとしたホークを刺し殺す。戻ったブリジャーにフィッツジェラルドはアリカラ族が近くにいる、ホークが消えた、グラスはもう助からないと嘘を言いグラスのライフルを奪ってふたりで逃げる。グラスはその一部始終を見ていたが身動きできず声も出せずどうしようもできなかった。
 グラスは息子を殺したフィッツジェラルドへの復讐を誓い這ってでも砦に戻ろうとする。
 ・・・・・


・ 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ
・ 原作: マイケル・パンク
・ 出演: レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ、ドウェイン・ハワード、アーサー・レッドクラウド
> ブリジャー役のウィル・ポールターは、これまで「リトル・ランボーズ (2007)」「ナルニア国物 語第3章アスラン王と魔法の島 (2010)」「なんちゃって家族 (2013)」「「メイズ・ランナー (2014)」などに出演。

■ レヴェナント:蘇えりし者  THE REVENANT (2015/2016)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4780-258e349f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)