どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

デッドコースター (2003) ★★
本来死ぬ運命だったのに死を免れた人達に本来の死が確実に訪れる恐怖シリーズ、「ファイナル・デスティネーション」に続く2作目。以前に映画館で観た。今回DVDで再度観た。

前作の終りでは、アレックスとクレアが生き残っていたが、その後アレックスも死んでしまい、クレアは自分を守るために自分の意思で精神医療施設のクッションで囲まれた個室に身を潜めている。

原題は素直に「ファイナル・デスティネーション2」だが邦題はなぜか「デッドコースター」。まるでジェットコースターの映画みたいだけど、本作ではハイウェイの大惨事による死を免れた人たちに死は確実に訪れる。ジェットコースターは3作目に登場する。

□ 180便の事故からちょうど1年、女学生のキンバリーは親友のシーナたちと泊りがけでビーチに向かう。ハイウェイでトラックに積まれた丸太が崩れ落ちてたくさんの車が巻き込まれる大惨事が発生しキンバリー自身も死んでしまう・・・という幻を見る。
 キンバリーは事故を防ごうと車を横にして本線に入る道路を封鎖してしまう。通りかかったパトカーのバーク警官が
キンバリーを問い詰めている最中に、本線を通り過ぎたトラックから丸太が崩れ落ちて大惨事が発生する。キンバリーはバーク警官に救われるがシーナたちは事故に巻き込まれて死んでしまう。
 警察でキンバリーは180便と同じように自分には事故が起きることが分かっていたと言うが、キンバリーの封鎖のおかげで助かった生存者たちは信じようとしない。
 その夜、大事故を伝えるTVニュースの中で、生存者のひとりの死亡が報じられる。
 キンバリーは180便の唯一の生存者クレア・リバーズがいる精神医療施設を訪ね、クレアに生存者たちを救うために協力してくれと頼むが断られる。
 そして次の犠牲者が出る。
 ・・・・・
 

> ハイウェイの事故発生直後キンバリーが見る電光掲示板に「180」と表示されている。第一話の便名と同じ。

・ 監督: デヴィッド・R・エリス
・ 出演: アリ・ラーター、A・J・クック、マイケル・ランデス、T・C・カーソン、ジョナサン・チェリー、キーガン・コナー・トレイシー、トニー・トッド

> 先日、この映画を地上波TVで放映していた。地上波の映画はかなりズタズタに短縮されるのでどこがカットされているのかと思ったら、死ぬ瞬間の見どころがカットされていた。もっともかなりショッキングな映像なので幼い子供は見ない方が良い。

[シリーズ5作のタイトル]
  Final Destination (2000)   ファイナル・デスティネーション
  Final Destination2 (2003)   デッドコースター
  Final Destination3 (2006)   ファイナル・デッドコースター
  The Final Destination (2009)  ファイナル・デッドサーキット3D
  Final Destination 5 (2011)   ファイナル・デッドブリッジ

■デッドコースター FINAL DESTINATION 2 (2003/2003)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4776-0bc9c3c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)