どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

スノークイーン 少女ゲルダと雪の女王 (2015) ★
アンデルセン童話「雪の女王」を元にしたこども向けの映画。DVDで観た。
 この映画のゲルダはアンデルセンが書いたゲルダの玄孫(やしゃご、孫の孫)のゲルダ2世という設定。ゲルダ2世はアンデルセン童話を知っている。アンデルセンのゲルダは髪を梳かされてカイの事を忘れるが、それを知っているゲルダ2世は髪を梳かされそうになりあわてて出て行こうとする。お城ではゲルダが現れるのを楽しみにしているし、山賊はゲルダが乗ってくる豪華な馬車を奪おうと待ち構えている。
 子供向けだけど、原作童話を読んでいた方がおもしろく感じられるだろう。

 関連記事 ⇒ 「雪の女王 原作童話と映画化

□ トナカイ遊牧民のネンガのテントで育てられたカイとゲルダはふたりとも孤児。ゲルダはアンデルセン童話のゲルダの玄孫。カイの両親はわからない。カイはテントの中で美しいバラを咲かせた。
 ヴァンという男が、美しいクリスタルをカイに届ける。クリスタルを持ったカイは意地悪になり、バラを凍らせてしまう。夜、カイは犬のマルコと共にいなくなってしまう。
 ネンガがトナカイのヤレコに聞くと「雪の女王が空飛ぶ犬ぞりでカイを連れて行った」と言う。
 ネンガは聖なる炎をゲルダに与え、ゲルダはヤレコが引くソリに乗ってカイを探しに行く。突然の雪嵐でソリがなくなる。
 小舟に乗ったゲルダは対岸に着く。親切な女性にごちそうになったゲルダはカイの事を忘れてしまう。
 オーザと別れたゲルダは宮中カラスのカールとクラーラ夫妻と出会う。夫妻はお城に現れたみすぼらしい恰好の少年が王女と婚約し、国家の経済再建に取り組んでいるとゲルダに話した。
 お城を出たゲルダは山賊に捕えられる。山賊の娘に助けられたゲルダはヤレコと再会し北に向かう。
 ゲルダは世話になった遊牧民から雪の女王がヴァンの妻だったという話を聞く
 雪の女王の宮殿に着いたゲルダはカイを見つけるがカイはゲルダを思い出せない。ゲルダは雪の女王と対決する。


・ 監督: ナターリヤ・ボンダルチュク
・ 出演: 
Анна Потебня            ..... ゲルダ
Владислав Новицкий   ..... カイ
Анна Снаткина           ..... 雪の女王
Наталья Бондарчук     ..... おばあちゃん
Инна Макарова          ..... オーザ
Павел Гайдученко     ..... ヤレコ、トナカイ
Иван Мурадханов      ..... トロール
Карл Маркович        ..... アンデルセン

> 監督のナターリヤ・ボンダルチュクは「惑星ソラリス(1972)」で妻役
> 英題: "The Mystery of Snow Queen"

■スノークイーン 少女ゲルダと雪の女王 Тайна снежной королевы (2015/未、ロシア)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4757-f2389938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)