どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

美女と野獣 原作と映像化
『美女と野獣"La Belle et la Bête"』は1740年にフランスのヴィルヌーヴ夫人が最初に発表した。現在広く知られていて映画化の原作にもなっているのは1756年のボーモン夫人版。
 『美女と野獣』には見かけは醜いが心の美しい野獣と、見かけは美しいが心が醜い姉たち、見かけも心も美しい娘が登場する。
 ペローやグリムの童話では登場人物に名前がないものが多いが、この物語のヒロインの名前は「ベル」だと思っていた。改めて原作(翻訳)を読むとベルと言うのは「美女」を意味していて名前はやはりわからない。


【原作のあらすじ】

 大金持ちの商人がいた。
 3人の美人の娘たちの中でも末娘は特別きれいだったのでベランファン("la belle enfant"、美しい子)と呼ばれた。大きくなっても末娘はベル(美人)と呼ばれた。ベルはとても気立てのいい娘だったが、姉2人はそうではなかった。
 商人が全財産を失い、田舎の小さな別荘だけが残った。商人と3人の息子たちは一生懸命畑を耕した。ベルは朝早くから一生懸命働き仕事が片付くと読書をしたりクラヴサン(チェンバロ)を弾いてすごした。2人の姉は一日中だらだらとすごした。
 1年ほどたったころ、幸運にも商品を積んだ船が港に戻ったと連絡があり商人は町にでかける。2人の姉は豪華なおみやげを頼んだが、ベルが頼んだのは1本のバラだけだった。町に行ったものの、商人は結局無一文で戻らなくてはならなかった。
 帰る途中、商人は雪嵐にあい道に迷ってしまう。夜になり見つけた宮殿に入ったが誰もいない。大広間には暖炉に火が燃えテーブルには1人分のごちそうが置かれていた。翌日、商人が目覚めるとテーブルにはココアが置かれていた(1)。
 宮殿を出て厩に向かう途中、商人はベルのためにバラの花を1本折った。そのとたんものすごい音が鳴り響き恐ろしい顔をした野獣が現れて言った。「私はおまえの命を救ったのに、おまえは私がなによりも大切にしているバラを盗んだ。お前は死ななければならない。お前の娘のうち誰かひとりが身代わりになるならそれでも良い。」
 別荘に戻った商人は、ベルにバラを渡し、子供たちに恐ろしいできごとを話した。しかしベルは自分が行けば済むことだと言った。

 商人とベルが出発する時、姉たちはたまねぎで目をこすって涙を流した。父親と兄たちも泣いていたが、ベルは泣かなかった。
 商人とベルが宮殿に着くと大広間に2人分のごちそうが並べられていた。食事がすむと大きな音と共に野獣が現れた。ベルは野獣の恐ろしい顔を見てぞっとしたが気丈にふるまった。
 翌朝、父親が出発するとベルは座って泣きだした。ベルは夜になったら野獣が自分を食べてしまうと信じていた。
 でもその前にベルは美しいお城を見に行くことにした。門の上には「ベルの屋敷」と書かれていて、中には大きな書棚やクラヴサンが置かれていた。野獣がすぐに自分を食べるつもりではないとわかりベルはほっとした。
ベルは大きな鏡を通して父親の家の様子を見ることもできた。
 正午になると(2) 食事を並べたテーブルがあった。夜の食事のときには野獣が現れベルが食事をしているのを見ていた。食後、野獣はベルに結婚してくれないかと言ったがベルはきっぱり断った。野獣は大きなため息をついて部屋を出ていった。

 ベルは平和な気持ちで3か月をすごした。毎晩のように野獣はベルを訪ねてきておしゃべりをした。ベルは9時になるのが待ち遠しいと思えるほどとなった(3)。ただ、毎回最後に野獣が求婚しベルが断った。
 ある日、ベルが鏡を見ると父親が病に臥せっていた。すでに姉たちは結婚し、兄たちは兵士となっていた。ベルは野獣に1週間だけ家に戻りたいと願い、野獣はそれを許した。宮殿に戻るには指輪を置けば良い。
 翌朝、ベルは父親の家で目覚めた。父親とベルは抱き合った。知らせを聞いてふたりの姉がかけつけてきた。
 ふたりとも自分の結婚に不満だらけで美しく着飾ったベルをねたましく思った。ふたりの姉はベルを一週間以上ひきとめれば怒った野獣がベルを食べてしまうだろうとたくらんだ。一週間後ベルが帰ろうとすると姉たちがとても悲しんだのでベルは帰るのをもう一週間伸ばすことにした。

 10日目の夜、ベルは死にかかっている野獣の夢を見た。目を覚ましたベルはテーブルに指輪を置いた。
 翌朝ベルは宮殿で目覚めた。ベルはやっとのことで倒れている野獣を見つけた。目を開けた野獣は「死ぬ前におまえに会えてうれしい」と言った。ベルは「あなたは死にません。私はあなたの妻になります。」と言った。
 突然、宮殿が明るくなり花火があがり音楽が鳴り響いた。野獣は消え美しい王子が現れた。
 お城には父親を始め家族がいた。仙女が現れふたりの姉を石像に変えた。ベルと王子は結婚し末永く幸せに暮らした、


(1) 朝食はココアだけ?
(2) 朝食はなし?
(3) 夕食は9時らしい。


・ 参考書籍: ①角川文庫 美女と野獣 ボーモン夫人著 鈴木豊訳 ...「美女と野獣」等15作が収録されている。
 

【主な映像化作品】

美女と野獣 La belle et la bête (1946、フランス) ジャン・コクトー/ジャン・マレー

□美女と野獣 Beauty and the Beast (TV1976) ジョージ・C・スコット

美女と野獣 Beauty and the Beast(1991、米) ディズニーアニメ

□美女&野獣 Beauty and the Beast (2009、オーストラリア)

美女と野獣 Die Schöne und das Biest (2012、ドイツ/オーストリア) 

美女と野獣 La belle et la bête (2014/2014、フランス) レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル

美女と野獣 (TV2014、イタリア/スペイン)  ファンタジーではない恋愛ドラマ

美女と野獣 Beauty and the Beast (2017/2017、米)  ディズニーVFX実写、 エマ・ワトソン




テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4753-41ef0330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)