どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ブロークン・ポイント (2014) ★
アントン・チェーホフの戯曲「かもめ (1896)」を下敷きにして1980年代のニューイングランドを舞台にしたドラマ。DVDで観た。
 最近売れっ子の ベン・ウィショーが物語の要となる青年役で出演している。
 スティーヴン役のマーク・ライランスは、『ブリッジ・オブ・スパイ(2015)』でオスカー助演男優賞を獲得した。エヴァ役のジュリエット・ライランスの義父。

> フランス映画「リリィ(2003)」も「かもめ (1896)」を下敷きにして舞台を現代のフランスに置き換えた映画。

□ 1984年のメモリアル・デーの週末。映画監督のピーターは女優のエリザベスと共に、エリザベスの兄ハーブの誕生祝いに列車でニューイングランドの湖畔の家に着く。
 ハーブはかなりの歳で友人で医師のルイが同居している。
 管理人夫妻と娘アレックス夫妻も同居している。アレックスの夫のスティーヴンは鳥獣保護官をしている。
 エリザベスの息子エリックは近所に住むエヴァに夢中。エヴァを主役にした前衛的な演劇を創作している。エリックはピーターの監督としての才能を認めていない。
 夜、屋外に作られた舞台でエリックの芝居が上演される。しかし身内ばかりの観客の私語に怒ったエリックは劇を途中でやめてしまう。
 女優志望のエヴァは若いエリックよりも有名な映画監督のピーターに興味がある。
 銃声が聞こえる。
 エリックはスティーヴンが気をかけていた白頭鷲を撃ち殺してしまった。エリックは鷲の死骸をエヴァの足元に置く。

 3年後、再びみんなが集まりテーブルを囲む。
 ハーブは車椅子が必要となったがまだ生きている。
 エリックの才能が認められニューヨーカー誌も期待の星と絶賛している。
 3年前に卵から孵った白頭鷲のエイブが飼われている。
 エリックは窓の外の人影に気づいてテーブルを離れる。
 銃声が聞こえる。
 ・・・・


・ 監督: クリスチャン・カマルゴ
・ 出演: ウィリアム・ハート、アリソン・ジャネイ、ベン・ウィショー、クリスチャン・カマルゴ、ジャン・レノ、ミカエル・ニクヴィスト、チェリー・ジョーンズ、ケイティ・ホームズ、マーク・ライランス、ジュリエット・ライランス、ラッセル・ミーンズ

■ブロークン・ポイント DAYS AND NIGHTS (2014/未)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4724-36fbdf8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)