どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

スリーピー・ホロウ (1999) ★★
剣を持ち馬に乗った首のない男が次々に人々の首を切り落とす。幽霊も魔術も神も信じず、科学を信奉する捜査官が、科学では説明できない事件に挑む。ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の怪奇映画。昔映画館で観た。DVDで再度観た。

 ワシントン・アーヴィングの短編が原作だが内容はだいぶ変えられている。 イカボッド・クレーンは原作では教師で、首なし騎士は原作では首を刈らない。原作ではデアデビルはブロム・ヴァン・ブラントの馬。等々

 原作が同じTVシリーズ「スリーピー・ホロウ(TV2013~)」があるが、イカボッド・クレーンやカトリーナなど同じ名前の人物はいるが舞台は現代に移されている。

関連記事 ⇒ 「スリーピー・ホロウ 原作と映像化

□ 1799年、ニューヨーク。思い込みや自白の強要ではなく、科学捜査を主張するイカボッド・クレーン捜査官は市長からハドソン川を北に上った村、スリーピー・ホロウで起きた事件の捜査を命じられる。スリーピー・ホロウはオランダ移民の村で、2週間に3人が殺されいずれの遺体の首もなくなっていた。

 村についたクレーンに、村の有力者ヴァン・タッセルが館に部屋を用意する。
 事件について村人たちは首なし騎士"the Headless Horseman"の仕業だと思っていた。
 独立戦争当時、ヘッセン(現在のドイツの一部)の傭兵の中に金よりも殺戮を楽しむ者がいた。彼は黒い馬デアデビルに乗って戦場に現れ手当たり次第に首をはねた。1779年の冬、村の近くで、ついに彼は追い詰められ、彼自身の剣で首を刎ねられて埋められた。 20年後の今、彼は蘇り、誰かれ構わず首を刈っている。

 4人目の首なし死体が見つかる。被害者の息子で孤児となったマスバス少年がクレーンの捜査を手伝う。
 幽霊など信じない科学だけを信じるクレーンの目の前に首なし騎士が現れる。
 ・・・・・


・ 監督: ティム・バートン
・ 原作: ワシントン・アーヴィング "The Legend of Sleepy Hollow(1820)"
・ 出演: ジョニー・デップ、クリスティナ・リッチ、マーク・ピッカリング
   ミランダ・リチャードソン、マイケル・ガンボン、キャスパー・ヴァン・ディーン、ジェフリー・ジョーンズ、クリストファー・ウォーケン、クリストファー・リー

> クレーン捜査官の台詞「1799年、あと数ヶ月で19世紀」と言っているが、今の考え方だったら、19世紀の始まりは1801年からなのでまだ1年以上ある。
> ニューヨークなどの北米地域は元々オランダの植民地だったのでオランダ移民の村があるのかもしれない。1667年の「ブレダの和約」によりオランダは南米北岸を得る代わりに、北米植民地をイングランドに譲った。ニューアムステルダムはニューヨークとなった。

■スリーピー・ホロウ SLEEPY HOLLOW (1999/2000) 

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4708-c7a43754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)