どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2016/01/23
> アラン・リックマン氏 死去
 「ハリー・ポッター(シリーズ)」でスネイプ先生を演じた英国俳優アラン・リックマン氏が1月14日に亡くなった。享年69歳。
 俳優の名前を知ったのはずっと後だが、「ダイ・ハード(1988)」の冷酷な悪役ハンス・グルーバーが非常に印象深かった。あの映画が映画デビューらしく当時41歳だった。
 2015年4月には50年間同棲していた女性と結婚したことが報じられたばかりだった。
 最近では監督作の「ヴェルサイユの宮廷庭師(2014)」が公開された。


【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 エージェント・ウルトラ 

 田舎のコンビニのさえない店員が突然覚醒し、スプーン1本で2人の暴漢を殺してしまう。実は彼はCIAの極秘プロジェクトで育成された最強エージェントだった。というアクション・コメディ   ジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワート
 とても観たいけれど上映館が限られている。
WTC
 ザ・ウォーク

1974年、ニューヨークのワールド・センターの2つのビルの間に渡したロープを命綱なしで綱渡りしたフィリップ・プティの著書の映画化。
    ロバート・ゼメキス監督、 ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー
3Dで予告編を何度か見た。想像だけど見どころは綱渡りの部分だけで盛り上がりに欠けるような気がする。こういうことをする人が偉大だとも偉業だとも思わない。米国では2015年10月に公開され、2週目に7位に顔を出した。
上映館が多く行きやすい映画館で上映するので多分観るとは思う。感動はしないと思う。

 愛しき人生のつくりかた  

パリで静かに暮らしていた老人が亡くなり、長年連れ添ってきた妻のマドレーヌが残される。
定年を迎えた息子は、ひとりぐらしの母親を心配して老人ホームに入れようとする。マドレーヌが姿を消す。
マドレーヌはノルマンディーにいた。小説家志望の孫のロマンがマドレーヌの人生をたどる。

【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 フィフス・ウェイブ "The 5th Wave" 日本では4月下旬公開予定

人類滅亡の危機に幼い弟を守る姉。クロエ・グレース・モレッツ主演のSF

(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4658-0548f505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)