どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2016/01/08,09
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ブリッジ・オブ・スパイ  金曜日公開

 1955年、米国ロッキード社は高高度偵察機U-2を完成させる。U-2は旅客機の倍以上の高度の成層圏を飛行することができるため当時の戦闘機やミサイルでは撃墜は不可能だった。敵国ソ連はより高度の敵機を攻撃するミサイルの開発を進める。
 1957年、米国内でソ連のスパイ アベル大佐が逮捕される。裁判では死刑が求刑されるが元OSS顧問弁護士ドノヴァンの弁護によって禁固30年に減刑された。
 1960年5月1日、ソ連領空内を侵犯したU-2偵察機がソ連の地対空ミサイルの攻撃によって墜落する。パラシュートで脱出したパイロットのフランシス・ゲーリー・パワーズはソ連に捕らえられ公開裁判で有罪となる。
 1962年2月10日、グリーニケ橋において、パワーズとアベルの交換が行われた。(実話)
 公式サイトではドノヴァンを保険関係の弁護士としているが、CIAの前身と言われる米国戦略諜報部OSSの出身なのでまるっきりの民間人と言うわけではない。
      スティーヴン・スピルバーグ監督、  トム・ハンクス

 クリムゾン・ピーク    金曜日公開

  ギレルモ・デル・トロ監督のホラー・ファンタジー  ミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン
  結婚してお城のような豪邸に嫁いだイーディスは、深紅の亡霊を見るようになる。

 モンスターズ/新種襲来  

  「モンスターズ地球外生命体(2010)」の続編。メキシコにモンスターが出現してから16年、中東に巨大モンスターが出現する。


【最近気になる予告編】

 ウォークラフト     初夏 日本公開

何回か予告編を観た。アクションファンタジー大作、らしいが映像が(悪い意味で)ゲームっぽくていまひとつピンとこないと思っていたら本当にゲームが元らしい。行きやすい映画館で字幕版を早い時間に上映していたら観ると思う。


【2016年 最も期待している映画】

 ローグ ワン: スター・ウォーズ・ストーリー(原題)       米国で12月公開

 スター・ウォーズのスピンアウト。デス・スターの設計図を盗むミッションを描く。
 1978年に公開された「エピソード Ⅳ 新たなる希望 (1977)」では反乱軍が手に入れたデススターの設計図をレイア姫が運んでいる場面から始まるので、その直前を描いているらしい。
 なお2017年にはエピソードⅧ、2018年にスピンアウト、2019年にエピソードⅨが予定されている。


(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4641-c7973472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)