どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

GOTHAM/ゴッサム  Ep.1-13~22 (TV2015) ★★  (バットマン)
アメリカンコミック(DC)のスーパーヒーロー、バットマンの前章譚を描くTVシリーズのシーズン1全22話の第13~22話をDVD5枚で観た。最後はシーズン2につながる展開となっている。

⇒ 1~2話:「GOTHAM/ゴッサム  Ep.1-1~2 (TV2014~) 」
⇒ 3~12話:「GOTHAM/ゴッサム   Ep.1-3~12 (TV2014~) 」

【13】 Welcome Back, Jim Gordon

 麻薬の売人が殺される。犯人を見た目撃者が似顔絵を描くために出向いたGCPD(ゴッサム市警)署内で殺される。コードンは麻薬捜査課のフラス刑事の関与を疑うが、フラスには警察のお偉方のバックがあった。
 オズワルド・コブルポット(ペンギン)はフィッシュの店が自分のものになると有頂天。
 ファルコンの手下に監禁されていたフィッシュが逃げ出す。

【14】 The Fearsome Dr. Crane

 椅子に座らされた男性がビルの屋上から吊るされる。犯人は死体を引き上げ死体の腹を切り裂いた。被害者のアダムは高所恐怖症だった。鑑識のニグマが本来検死官がする死体の解剖をして自宅謹慎となる。アダムと同じ恐怖症の集まりに出ていた別の男が拉致される。
 マローニは死んだはずのフィッシュから電話でペンギンはファルコンのスパイだと聞かされる。フィツシュはゴッサムを離れる。
セリーナはブルース・ウェインに両親を殺した男を見たと言うのはうそだったと告白する。ブルースはゴードンに犯人は自分で探すと言う。
 フィッシュは船でゴッサムを離れる。
> 後にバットマンの敵リドラーとなるニグマは、このころは時にはゴードンと同じ側にいて、どちらにもじゃまな検死官を追放する。

【15】 The Scarecrow

 トンプキンス医師が新しい検死官となる。
 ブロックは被害者を恐怖に陥れ副腎を切り取る犯人が高校の元生物学教師ジェラルド・クレインだとつきとめる。
 ペンギンはファルコンからフィッシュのクラブを任せられ模様替えしてオープンする。
 ブルースは父親と昇った山にひとりで昇る。
 フィッシュは牢獄に閉じ込められている。そこには何人もの男女がいた。
> ジョナサン・クレインは後に悪役スケアクロウとなる。

【16】 The Blind Fortune Teller

 ゴードンの元恋人バーバラが帰宅するとセリーナとアイビーが入りこんでいる。
 ゴードンとトンプキンスはサーカスを見に行く。公演中に団員同士の喧嘩が始まり、蛇女ライラの遺体が見つかる。警察署にサーカスの盲目の霊能者が現れ死んだライラの伝言を伝える。
 フィッシュは牢獄のボスとなり、囚人たちをまとめあげる。
 ブルースはウェイン産業の役員会に乗りこみ汚職を暴くと宣言する。

【17】 Red Hood

 ゴッサム銀行を5人組の強盗が襲い逃げる時に金をばらまいた。1人が赤いフードをかぶっていたので新聞は“レッドフード・ギャング”とはやし立てた。
 ウェイン邸にアルフレッドの軍隊時代の友人のレジーが現れる。
 フィッシュは囚人たちを閉じ込めている男と話しあう。
 ペンギンの店がマローニの妨害で酒を仕入れられない。
> バットマンの悪役に“レッドフード”がいる。

【18】 Everyone Has a Cobblepot

 病院でアルフレッドが意識を取り戻すが、ゴードン刑事に犯人の顔を見なかったと証言する。セリーナが病室に現れブルースと話す。
 左目が青い義眼となったフィッシュはドクター・ドルマーカーと取引する。囚人のケリーが連れて行かれる。
 フラス刑事の起訴が取り下げられる。裏でローブ本部長が画策した。ゴードン刑事はデント検事捕と協力してローブ本部長の弱みを探す。
 
【19】 Beasts of Prey S1, Ep19

 警察組合の会長に選ばれたゴードンは、警官から未解決の若い女性の刺殺死体事件の調査を依頼される。
 ブルースは動けないアルフレッドの代わりに街でレジーを探す。
 フィッシュは囚人たちの中で屈強な男たちに脱出計画を持ちかける。
 ペンギンは小さなバーを買収する。

【20】 Under the Knife S1, Ep20

 ゴードンとブロックは連続殺害犯オーガの捜査を続けている。オーガは担当刑事の愛する人を殺すため刑事たちは事件を捜査しなかった。ゴードンはマスコミに対して連続殺人事件を公表し解決を約束する。
 バーでひとりで飲んでいたバーバラはハンサムな男に声をかけられる。
 ブルースはセリーナとウェイン産業のパーティに出席する。

【21】 The Anvil or the Hammer S1, Ep21

 ゴードンはオーグがバーバラを狙っていることに気づくが、バーバラは行方不明。
 ブルースはウェイン産業を見学し役員のバンダーズロウの部屋に忍び込む。
 資料室のクリステン・クリングルとつきあっていた巡査が消息不明となる。
 ペンギンは暗殺者にマローニ殺害を依頼する。

【22】 All Happy Families Are Alike S1, Ep22

 ファルコン対マローニの戦争が勃発する。ファルコンが襲われ入院する。病院でファルコンが襲われ、ゴードンとブロックはファルコンやペンギンと共に病院を脱出する。
 彼らの前に手下を連れたフィッシュが現れる。その脇にはセリーナがいる。さらにマローニが現れる。
 ブルースは父親の書斎で父親の秘密を探し続けている。そしてついに....
> 第1シーズン最終話。キャットが髪型も雰囲気も変えて登場する。シーズン1の主だった登場人物の何人かが消える。



・ 出演:
ベン・マッケンジー       ジェームズ(ジム)・ゴードン刑事
ドナル・ローグ          ハービー・ブロック刑事
デヴィッド・マズーズ      ブルース・ウェイン  ⇒ 後のバットマン
ザブリナ・ゲバラ        サラ・エッセン、警部
ショーン・パートウィー     アルフレッド・ペニーワース、ブルースの執事
ロビン・ロード・テイラー    オズワルド・“ペンギン”・コブルポット  ⇒ ペンギン
エリン・リチャーズ       バーバラ・キーン、ゴードンの元恋人

キャムレン・ビコンドヴァ    セリーナ・“キャット”・カイル  ⇒ キャツトウーマン
コーリー・マイケル・スミス   エドワード(エド)・ニグマ、鑑識  ⇒ リドラー
ジョン・ドーマン          カーマイン・ファルコン
ジェイダ・ピンケット・スミス   フィッシュ・ムーニー

モリーナ・バッカリン      レスリー(リー)・トンプキンス、検死官
デヴィッド・ザヤス        ドン・サルヴァトーレ・マローニ
ドリュー・パウエル       ブッチ・ギルジーン、フィッシュの手下、ペンギンの手下
クレア・フォーリー       アイビー・ペッパー ⇒ ポイズン・アイビー
アンソニー・キャリガン     ビクター・ザーズ、ファルコンの手下
キャロル・ケイン        ガートルード・カプルプット、ペンギンの母親

チェルシー・スパック     クリステン・クリングル、資料室
ジュリアン・サンズ      ジェラルド・クレイン
チャーリー・ターハン     ジョナサン・クレイン、息子 ⇒ 後のスケアクロウ
ニコラス・ダゴスト        ハービー・デント検事捕 ⇒ 後のトゥーフェイス
キャメロン・モナハン     ジェローム・ヴァレスカ、サーカス
ピーター・スコラーリ     ローブ本部長
クリス・チョーク        ルーシャス・フォックス、ウェイン産業下級役員

> 字幕では勝手に「マフィア」となっているが「マフィア」はシチリア島の組織を指す固有名詞。英語音声では "gang" や "mob" などで "Mafia" ではない。
> 資料室の女性の名前はクリステン・クリングル。クリス・クリングルはサンタクロースの別名で「三十四丁目の奇蹟(1947)」にも出てくる。

■GOTHAM/ゴッサム GOTHAM  Ep.1-13~22   (TV2015)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4637-4d78869b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)