どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ラスト・ナイツ (2015) ★
日本の忠臣蔵を、中世ヨーロッパを思わせるが人種・宗教にこだわらない架空の帝国(ロケはチェコ)に置き換えたクライヴ・オーウェン主演の騎士道物語。
 忠臣蔵の吉良邸と違い、仇はかなり厳重な仕掛けを幾重にも備えた強固な城に隠れている。志士(騎士)たちの運命は忠臣蔵から変えてあり、特に結末は違う。
 色調を抑えた映像で、雪のシーンが多くて美しい映像。

 主な製作会社は韓国とチェコ。モーガン・フリーマンは米国人だが、クライヴ・オーウェンは英国人。その他ノルウェー、ニュージーランド、イラン、イスラエル、韓国、日本などまさに国際映画。エンドクレジットにルイジアナとあったので米国もからんでいるらしい。

□ かっての騎士道精神が失われた帝国で清廉潔白なバルトーク卿の騎士たちは高潔・正義の心を持ち主君であるバルトーク卿に忠誠を誓っていた。
 しかし腐敗した宮廷では新大臣のモットが公然とわいろを要求し皇帝もそれを容認していた。
 都に呼ばれたバルトーク卿はモット大臣へのわいろを拒否し、怒ったモッツ大臣の策略でモット大臣に切りつけてしまう。
 皇帝は、ライデン隊長にバルトーク卿の首を切らせ、バルトーク卿の領地を没収する。
 騎士たちはライデンに決起を迫るがライデンは彼らを制して去る。城は燃やされ、騎士や家来、家族たちは路頭に迷った。

 1年後、ライデンの復讐を恐れるモットは居城の防御を何重にも強化していた。
 一方、当のライデンは酒浸りでかっての副官でさえ顔をそむけるありさま。挙句の果てはバルトーク卿から拝領した刀さえ売り払って酒代にあてていた。
 ・・・・・


・ 監督: 紀里谷和明
・ 出演: クライヴ・オーウェン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、モーガン・フリーマン、ペイマン・モアディ
     アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、伊原剛志、アン・ソンギ
・ ロケ: チェコ

■ ラスト・ナイツ  LAST KNIGHTS (2015/2015、チェコ/韓国、英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4590-5ef79a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)