どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2015/11/20, 21
TOHOシネマズが「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で特別料金2000円

 昔ニューヨークでロードショー公開されたばかりの映画を観たことがある。当時の日本円で600円程度だった。
 日本の映画館料金はとにかく高いと思っているがTOHOシネマズはさらに高くしようとしているようだ。
 12月18日公開の「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の一般料金1800円の代わりに特別料金2000円を徴収する。
 特別料金が適用されるのは東京大阪の都市部の劇場のみ。値上げの理由としては「作品的な価値を踏まえて」となっている。
 要するに話題の映画だしクリスマスや正月なら高くしても客は観るだろうということらしい。 詳細は⇒「TOHOシネマズ新宿

> 12月18日18:30から公開される「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の12月18~20日分の”特別上映”のチケットが11月18日から先行販売される。この3日間に鑑賞した人に限り上映日が印字されたメモリアル・パンフレットが販売されるらしい。詳しくは公式サイトや各映画館で確認してください。
 私は今のところ12月21日以降に観るつもり。行きやすい映画館で字幕版を早い時間に上映するならば多分10回くらい観ることになるだろう。.....10回くらい観たくなる映画であってほしい。2000円で見るつもりはない。
 米国で死期間近の男性が「スター・ウォーズの新作を観てから死にたい」という希望をかなえて幸せに亡くなったそうだけど、私は3部作を観てから死にたい。


【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション (字幕)   金曜日公開

 「ハンガーゲー ム (2012)」「ハンガー・ ゲーム2  (2013)」「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス (2014) 」に続く、最後の最後。
 原作の翻訳本はすでに購入済み。一回観てから読むつもり。


 ウーマン・イン・ブラック2 死の天使 

 「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (2012) 」の続編。といっても前作から40年後。
 第二次世界大戦中、ロンドンから疎開してきた教師と生徒たちが海辺の村のイールマーシュ館に住み始める。村人たちは誰かが黒衣の婦人を見ると村にいる子供が死ぬと信じていた。

 美術館を手玉にとった男 

 マーク・ランディルは30年に渡り自分が描いた様々な画家の絵画の贋作を100枚以上も米国各地の美術館に寄贈し、多くの美術館が贋作と気がつかなかった。しかし彼は捕まっていない。なぜなら彼はすべて無償で贈与しお金をだまし取っていない。
 マーク・ランディルと関係者を追ったドキュメンタリー

 ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲 (ハンガリー)

 虐げられた犬たちが人間に対して反乱を起こす。カンヌ国際映画祭で犬たちにパルムドッグ賞が贈呈された。

 リトルプリンス 星の王子さまと私 (字幕)   アニメ

 少女は隣に住む昔は飛行士だったという老人と親しくなる。老人は昔砂漠でひとりの少年と出会った。
  声優陣がやたら豪華。  マッケンジー・フォイ、ジェフ・ブリッジス、レイチェル・マクアダムス、ポール・ラッド、マリオン・コティヤール、ベニチオ・デル・トロ、ジェームズ・フランコ、ポール・ジアマッティ

(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4587-63fb004f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)