どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

エール! (2014、フランス) ★★
歌声に涙した。
 歌手になるなんて考えもしなかった少女が好きな男の子に近づきたくて加わったコーラスの先生に才能を認められパリの音楽学校の受験を勧められる。しかし彼女の家は彼女以外全員聾唖者。通訳をしてくれる彼女がいなくなれば家族は生活に支障がでる。
 結構笑えるコメディだけど、結構下ネタもある。たとえばポーラの両親は耳が聞こえないから、大好きなセックスの時も音の立て放題。
 ポーラを演じたルアンヌ・エメラはセザール賞有望女優賞を受賞した。

> 2回観た。2回とも最後の歌で泣いてしまった。

□ ラセ村で一家4人で牧畜をしているベリエ一家(原題)は、娘ポーラ以外の両親も弟も耳が聞こえず話もできない。周囲の人々との会話はポーラが頼りで、ポーラがいなければ市場でチーズを売ることも、牛の飼料の価格交渉もできない。
 現職村長が村への企業誘致政策を掲げて次期村長選挙に立候補する。村の農地や森がなくなることに反対するポーラの父親は耳が聞こえないのに村長に立候補する。
 パリから転校してきたガブリエルが好きなポーラは、希望科目にガブリエルと同じ“コーラス”を選択。生徒を選ぶトマソン先生の試験で、親友のマチルダがあっさり不合格になったのに腹を立て、歌えと言われて嫌だと言ったら合格してしまう。さらに発表会でガブリエルとデュオをすることになる。ガブリエルがポーラの家に来て歌の練習中にとんでもないことが起きる。
 ガブリエルに腹を立てたポーラは練習で怒りに任せて歌ったところトマソン先生はその歌声にびっくり。先生はガブリエルが受験するパリの音楽学校をポーラにも受験するように勧める。ポーラは毎晩先生の家で練習を始めるが家族を捨てると思われたくないポーラは歌のことは家族に内緒。家族は毎晩デートしていると思う。
 ・・・・・・・


・ 監督: エリック・ラルティゴ
・ 出演: ルアンヌ・エメラ(ポーラ)、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン、エリック・エルモスニーノ

■ エール! LA FAMILLE BELIER (2014/2015、フランス) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4571-298160d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)