どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

眠れる森の美女 (1959、ディズニーアニメ)
眠れる森の美女/スリーピング・ビューティなどの題名で知られるお話は元々ヨーロッパに古くから伝わる民話を元にしてシャルル・ペローやグリム兄弟がまとめたものが知られている。本作は1959年にディズニーがアニメ映画化したもの。DVDで観た。
 「シンデレラ(1950)」と比べると映像がはるかに美しいし色彩も鮮やかだった。

関連記事 ⇒ 「眠れる森の美女 原作童話と映画化

 クレジットでは原作はシャルル・ペローとなっている。
 今回50年も昔のアニメをわざわざDVDで観たのは原作との違いを知りたかったから。結論を言うと、早い段階で原作のストーリーから離れてしまっている。この内容だったら原作をペローとしてもグリムとしても大差ないような気がした。

<原作(ペロー/グリム)との違い>

・ 原作では登場人物の名前は書かれていないが、映画ではオーロラ、ステファン、フローラ、フォーナ、メリーウェザー、マレフィセント などの名前がついている。
・ ペロー版では7人の仙女が招かれるが、この映画では3人の良き妖精。
・ 原作では大宴会が開かれ、豪華な食器が問題となるが、映画では宴会そのものがない。
・ 映画では王女が指を突くのは「16歳の誕生日の日没までに」となっているが、ペロー版では時期には触れていない。グリム版では「15年目の年」となっている。
・ 映画では王女が眠る期間には触れず「真の恋人のキスによって目覚める」となっているが、ペロー版では「100年後、ひとりの王子がやってきて目を覚ます」となっていてキスは必要ない。グリム版ではキスをする。
・ 原作の翻訳本では王女が手に刺すのはつむ(紡錘)となっているが映画では糸車で、たくさんの糸車を焼く場面がある。実際に指を刺す場面では糸車にセットしたつむ(紡錘)に指を触れるように見える。音声ではスピンドルと言っている。ちなみにツムは先がとがっている必要はない。
・ 映画では王女は黄金の髪と真っ赤な唇を持っている。原作では容姿に触れていない。
・ 3人の妖精が王女を育てる話は原作にはない。以降のストーリーは大きく原作からはずれている。
> ついでに、チャイコフスキーのバレエ『眠れる森の美女』とは王女の名前はオーロラで同じだが他の名前は違っているしストーリーもだいぶ違っている。
> DVDのボーナス・コンテンツとしてエミリー・オスメントが「いつか夢で"Once Upon A Dream"」を歌っている。エミリー・オスメントは「ハンナ・モンタナ」等に出演している女優で、ハーレイ・ジョエル・オスメントの妹。

□ 長い間、こどもを待ち望んでいた王様と王妃様にやっと王女が生まれオーロラと名付けた。
 お城では盛大な祝宴が開かれ、3人の良き妖精も招かれた。フローラは美しさを、フォーナは歌声をオーロラに贈った。
 メリーウェザーが贈りものをしようとした時、招かれていないマレフィセント(1)が現れ「オーロラは16歳の誕生日の日没までに糸車の針で指を突き死ぬ」と言って去る。メリーウェザーにはマレフィセントの呪いを解くほどの力はないが「死ぬのではなく眠るだけ。真の恋人のキスによって目覚める」と呪いを弱めた。
 国王は国中の糸車を残らず焼き捨てるように命じた。
 3人の妖精はマレフィセントから隠れ、人里離れた小屋で魔法を絶ちオーロラを育てることにする。

 オーロラの16歳の誕生日が近付きマレフィセントはカラスに黄金の髪と真っ赤な唇を持つ少女を探させる。
 3人の妖精はオーロラをブライア・ローズと呼んで育てていた。
 16歳の誕生日、3人はローズに内緒でパーティの準備をしていた。
 イチゴを摘みに森にいたローズは、ひとりの若者と出会い恋に落ちる。
 パーティの準備をしていた不器用な妖精たちはついに魔法に頼ってしまいマレフィセントの手下のカラスに小屋を見つけられてしまう。
 小屋に帰ってきたローズから若者の話を聞いた妖精たちはあわてる。なぜならオーロラ姫は生まれた時から隣国のフィリップ王子と婚約していたからだ。オーロラはひどく嘆き悲しむ。
 日没まで30分。お城では国王と隣国の国王が祝杯をあげていた。しかしフィリップ王子はオーロラ姫ではなく森で会った娘と結婚したいと言って城から出て行ってしまう。
 3人の妖精はオーロラ姫を連れてお城に忍び込む。ひとりになったオーロラはマレフィセントの不思議な光に導かれて階段を上り現れた糸車(spindle)に触れて眠ってしまう。
 3人の妖精はオーロラをベッドに寝かせて城中を眠らせてしまう。その時、隣国の国王のつぶやきからオーロラが森で出会ったのがフィリップ王子だとわかる。
 フィリップ王子は森でマレフィセントに捕えられ、魔の山に連れて行かれる。3人の妖精は魔の山に忍び込みフィリップ王子を助け出す。
 王子と妖精はマレフィセントと戦い撃ち破る。
 フィリップ王子は眠っているオーロラ姫にキスをする。城中が目覚める。

 
(1) マレフィセントがなぜ招かれなかったのかは「マレフィセント(2014)」で明かされる。

・ 監督: クライド・ジェロニミ
・ 原作: シャルル・ペロー
・ 声の出演: メアリー・コスタ、ビル・シャーリイ、エレノア・オードリー、ヴェルナ・フェルトン、バーバラ・ルディ、バーバラ・ジョー・アレン、テイラー・ホームズ、ビル・トンプソン
・ テクニラマ/テクニカラー

■ 眠れる森の美女 SLEEPING BEAUTY (1959/1960、ディズニーアニメ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4542-94eaea92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)