どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

眠れる森の美女 原作と映画化
眠れる森の美女/スリーピング・ビューティ などの題名で知られるお話に似た話は、17世紀初めイタリアのバジーレ「ペンタメローネ(五日物語)」の「日と月とターリア"Sole, Luna e Talia"」、17世紀フランスのシャルル・ぺロー『眠れる森の美女"La Belle au bois dormant"』、19世紀ドイツのグリム兄弟『いばら姫/野ばら姫』などがある。

 何度も映画化されているが、原作はペロー版やグリム版が多いようだ。
 映画では王女は手または指を「糸車」で怪我するのが多いようだが私が所有するペローとグリムの3冊の原作翻訳では「つむ(紡錘)」に刺されるとなっている。元の単語は糸車ともつむとも解釈できるらしい。バジーレでは糸をつむぐ時に亜麻に混じっていたトゲが刺さる。後で発行されたペロー版では“トゲ”がなくなっている。

 バジーレにはなかった宴会がペロー版で現れる。ペロー版とグリム版の大きな違いは、ペロー版で招かれる仙女が7+1人で、グリム版では12+1人。ちなみにディズニーアニメの「眠れる森の美女(1959)」では3+1人。
 王女が刺される時期についてバジーレ、ペローでは時期を指定していないが、グリム版では生まれて15年の年となっている。
 バジーレ、ペローでは王女の相手の国王・王子の妃・母親が王女を殺そうとするがグリム版ではない。
 王女の名前はバジーレではターリアだが、ペローとグリムには名前がない。

【原作のあらすじ】

■バジーレ「日と月とターリア"Sole, Luna e Talia"」


 偉い王様に姫君が生まれターリアと名付けられた。王様は王国中の賢者・預言者に王女の将来を聞いたところ亜麻に混ざったトゲでとても危険な目にあうとのことだった。王様は亜麻や大麻を屋敷の中においてはならないと命じた。
 大きくなったターリア姫が窓辺にいると糸を紡ぎながら歩いてくるおばあさんがいた。興味を持ったターリア姫はおばあさんを連れてこさせ糸巻き棒を借りて糸を紡ぎ始めると亜麻に混じっていたトゲが爪の下に刺さりターリアは倒れて死んでしまった。
 悲しんだ王様は死んだターリアをビロードの椅子に座らせ扉に錠をして館を去った。

 しばらくして、このあたりに狩りに来た他国の王様が館に入り座っているターリアを見つけた。王様はターリアが眠っていると思って声をかけたが反応がない。ターリアに恋をした王様はターリアを寝椅子に移し・・・・・
 9か月してターリアは双子を出産した。ふたりの妖精が赤ちゃんの世話をした。ある時どちらかの赤ちゃんがお乳を吸おうとしてターリアの指を吸ったところトゲが抜けてターリアは目覚めた。
 ターリアの事を思い出し再び館を訪れた他国の王様は姫が目覚めていて美しい双子(ソーレ(日)とルーナ(月))までいて喜んだ。
 王国に戻った国王はターリアと双子に夢中になっていた。
 怒った王妃は王様が会いたがっていると言って双子を呼び寄せ、料理人に双子を料理して王様に食べさせるように命じた。料理人は双子をかくまい山羊で料理を作った。王様はうまいうまいと食べた。
 王妃は今度はターリアを呼び寄せた。王妃はターリアを焚火に放り込もうとするが、騒ぎを聞いて王様が駆けつけ王妃を焚火に放り込んだ。料理人がソーレとルーナを救った事を知った王様は料理人にほうびを与えた。
 ターリアは王妃となり王様と双子と末永く幸せに暮らした。

・参考書籍
④大修館書店 ペンタローネ[五日物語] 杉山洋子・三宅忠明訳


■ペロー童話「眠れる森の美女"La Belle au bois dormant"」

 長い間、こどもを待ち望んでいた王様と王妃様にやっと女の子が生まれた。
 立派な洗礼式が行われ、その国にいた7人すべての仙女が招かれた。洗礼式の後の大宴会で仙女たちには純金の入れ物と豪華な食器が用意された。みなが席に着いた時、50年以上も姿を見せなかっ年取った仙女が入ってきた。王様はその老婆のために食器を並べさせたが純金の入れ物は7人分しか用意していなかったので出すことができなかった。老仙女は馬鹿にされたと思いこんだ。
 仙女たちは次々に美しさや天使の心などを王女に贈った。6人目の仙女の贈り物が終わると老仙女は「王女はつむが手に刺さって死ぬだろう(1)」と言った。まだ贈り物をしていなかった7人目の仙女が「王女は死なずに100年間眠るだけ。100年後、ひとりの王子がやってきて目を覚ます」と言った。
 王様は『つむで糸を紡いではいけない。つむを家においてはいけない。違反したら死刑』という勅令を出した。
 15、6年の後、王様と王妃様の留守中、王女が塔の上の屋根裏部屋に入ると老婆がつむざおで糸を紡いでいた。興味を持った王女がつむに手を伸ばしたとたん、つむで手を刺し眠ってしまった。困った老婆は助けを呼んだ。(2)
 王様は王女を宮殿の一番美しい部屋のベッドに寝かせた。7人目の仙女が王と王妃以外の城のすべてを眠らせた。王と王妃は城を去った。城の周りを大小の樹木やいばらや灌木が茂って城を隠した。
 100年たってある国の王子がやってきた。年老いた農夫から眠る王女の話を聞いた王子が城に近づくと覆っていた樹木が開いて王子だけを城に導いた。王子は眠っている王女を見つけてひざまずいた。王女が目を覚まし優しい目で王子を見つめた。(3) 眠っていた家来たちも目を覚ました。王子と王女は結婚した。(4)

 王子は自分の城にいったん戻ったが両親には結婚の事を内緒にしておいた。実は王子の母親(王妃)は人食いの種族だった。
 2年後、国王が亡くなり王子が国王となると、結婚を宣言し、妻と2人の子供を城に呼び寄せた。
 新国王が戦争にでかけたとき、王太后は嫁と子供たちを森の別荘に移した。王太后は料理長に嫁と子供ふたりを料理するように命じたが、料理長は子羊等でごまかした。しかし子供の泣き声でうそがばれてしまい、王太后は嫁と2人の子供、料理長夫妻を蛇やひき蛙がいっぱい入った大桶に投げ込ませようとした。そこに新国王が帰ってきたため、王太后は自ら大桶に身を投げて死んだ。

(1) 時期については触れていない。
(2) 映画ではこの老婆は実は呪いをかけた女自身の場合があるが、ペロー版では王様の勅令を知らなかった悪意の無いおばあさんとなっている。
(3) 王女はキスで目覚めるのではなく自然に目を覚ました。
(4) グリム版ではここでおしまい。

・参考書籍
③岩波文庫 完訳ペルー童話集「眠れる森の美女」 新倉朗子訳

■グリム童話「いばら姫 野ばら姫」

 長い間、こどもを待ち望んでいる王様と王妃様がいた。ある日、カエルが1年以内に女の子が生まれると予言した。
 予言通り王女が生まれ、お祝いの宴が開かれたくさんの人たちが招かれた。
 ふしぎな力を持つ女たちも招かれたが、その国にいる女たちは13人なのに、彼女たちにごちそうを出す金の皿が12枚しかなかったため、1人は招かなかった
 女たちは、気高い心、美しさ、ゆたかな富などを次々に贈った。11人まで贈り終えたところで、招かれなかった13人目の女が入ってきて「王女は生まれて15年目の年(1)に紡錘(つむ)に刺さり死ぬ」と言う。まだ贈り物をしていなかった12人目の女は呪いを取り消すほどの力はないが「死なずに100年間眠るだけ」にする。王様は国中の紡錘を焼くように命令した。

 王女の15歳の誕生日、王様と王妃様は外出する(1)。王女様がひとりで城の塔に上っていくと一番上の部屋で老婆が紡錘で糸を紡いでいた。興味を持った王女が手を伸ばしたとたん、紡錘が指に刺さり眠ってしまった。
 ちょうど帰ってきた王様王妃様家来たちも城全体が眠ってしまう。
 城をいばら(野ばら)の垣根が茂り城全体を覆い隠した。
 
 長い年月が過ぎ、言い伝えを聞いた王子が城に向かった。ちょうど100年たった頃で、垣根は美しい花を咲かせて王子を通した。城の中では家来たちや王様・王妃様も眠っていた。
 王子は塔の上の小部屋で眠っている美しいいばら姫を見つけた。王子はお姫さまにキスした。いばら姫は目覚めて王子にほほ笑んだ。
 二人が連れだって塔を降りていくと城の者たちも目を覚ました。
 王子といばら姫は結婚し、二人はこの世を終えるまで楽しく暮らした。(2)

(1) 翻訳本①では「生まれて15年の年」、②では「15歳になると」となっている。どちらも15歳の誕生日に国王夫妻は外出する。
 ②の場合「15歳になると」と予言されているのにその日に両親が外出するのはおかしい。
 ①の「生まれて15年の年」には注釈があって、15年目の年というのは(0歳が1年目なので)14歳の年のこと」。国王夫妻は王女が15歳になったので安心して外出した。しかし女が言った15年目の年は、王女が生まれた時刻から計算し15歳の誕生日の生まれた時刻までのことだった。王女は15歳の誕生日の誕生時刻の前に紡錘を指に刺した。
(2) グリム版にはペロー版にある王子の母親が王女と子供たちを食べようとする話はない。

・参考書籍
①講談社文芸文庫 完訳グリム童話集1「いばら姫」KHM50 池田香代子訳 
②岩波文庫    完訳グリム童話集2「野ばら姫」KHM50 金田鬼一訳 


【主な映画化作品(抜粋)】

□Prinsessa Ruusunen (1949、フィンランド)
□Dornröschen (1955、ドイツ)
眠れる森の美女 (1959、ディズニーアニメ)
□Sleeping Beauty (1987、米国、ミュージカル)
眠れる森の美女 Dornröschen (2008、ドイツ) ... 前半はグリム版。後半は気球などが登場する。
□グリム童話・眠れる森の美女 Dornröschen (2009、ドイツ)
禁断メルヘン 眠れる森の美女  (2010) ... 「眠れる森の美女」と「雪の女王」を混ぜて魔女がヌードになる。
マレフィセント (2014、ディズニー実写)
> ディズニーアニメ「眠れる森の美女 (1959)」の裏話という設定だが童話からかなり離れている。

□The Curse of Sleeping Beauty (2015) ... インディア・アイズリー、グリム版からヒントを得た???


テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4533-45ec30ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)