どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ミニオンズ(2D吹替) (2015) ★
怪盗グルーの月泥棒(2010)」の前日譚で、グルーに出会う前のミニオンズが活躍する。全体に見た目のおもしろさ中心の子供向けアニメ。
 1968年の米国、英国が主な舞台なので、ニクソン大統領候補、当時のTV番組「セイント」「奥様は魔女」、月への第一歩の撮影現場(1)、アビーロードを歩く4人の青年(2)も登場。岩から剣を引き抜くのはもちろんアーサー王伝説。
 ボブの目は左右で色の違うオッドアイ(虹彩異色症)。
 エンドクレジット後に映像あり。
 日本版予告編では“怪盗グルーに出会うまで42年”となっているが間違い。「怪盗グルーの月泥棒(2010)」公開までは42年だが、ミニオンズはそれよりずっと前に若いころのグルーと出会う。
 原語版上映館が少なく遠かったので観ない予定だったがスケジュールが空いたところで、公開から2カ月近くなのに、近くの映画館で日本語吹替え版を早い時間に上映していたので観た。

> 「怪盗グル―のミニオン危機一発(2013)」は観なかった。2017年に続編公開予定。

□ 太古の昔からミニオンズは最強最悪のボスを助けることを無上の喜びとしていた。しかしボスを見つけられなくなったミニオンズは北極圏の穴倉にこもってしまう。
 長い年月が過ぎてついにケビン、スチュアート、ボブの三人が仲間のためにボスを見つける旅に出る。彼らがたどりついたのは1968年のニューヨーク。世界大悪党大会"VILLAN-COM"が開催されることを知ったケビンたちはフロリダのオーランドに向かう。彼らはついに最凶のボス、スカーレット・オーバーキルと巡り合う。
 ケビンたちはスカーレットと共にロンドンに着く。スカーレットの目的はエリザベス女王の王冠を盗むことだった。
 ・・・・・


・ 監督: ピエール・コフィン、カイル・バルダ
・ 声の出演(日本語吹替版): 天海祐希、設楽統、日村勇紀、宮野真守、藤田彩華、LiSA、真田広之(ナレーション)


(1) 月への第一歩の撮影現場: 人類が初めて月に降りたというのはNASAの嘘であの映像は地球上で撮影したものと主張する人たちがいた。
(2) アビーロードを歩く4人の青年: ビートルズ

■ ミニオンズ(2D吹替) MINIONS (2015/2015)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4531-05d9d37c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)