どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

天空の蜂 (2015、日本) ★
原作がそうらしいけれど、単純な娯楽映画ではなく原発の問題、軍事産業の問題、夫婦の問題、親子の問題などがからんでくる。
娯楽映画に徹せられればもっとおもしろかった気がする。
映画では福井県の刑事だけが描かれていたけれどおそらく日本全国で刑事たちが必死に捜査をしていたのだろうと後から思った。

□ 1995年8月8日、愛知県の錦重工業が製造した超大型ヘリコプターCH-50B“ビッグB”が完成し自衛隊への引き渡しが行われる。ビッグB開発責任者の湯原は妻と小学生の息子高彦と共に引き渡し式典が行われる小牧工場に出向く。式典まで時間があるためかってに社内を歩き回っていた高彦は格納庫にあるビッグBを見つけて後部のスロープ状のゲートから内部に入り込んだ。ビッグBが突然動き始め格納庫を出て離陸してしまう。高彦はとっさにゲートが閉じるのをふせいだ。
 ビッグBは操縦士のいないまま飛行を続け福井県にある高速増殖原型炉“新陽”の真上でホバリングを始める。
 “天空の蜂”と名乗る犯人から“ただちに日本全土の原発破棄をしなければ大量の爆薬を積んだビッグBを新陽に落とす”という脅迫が届く。決定が遅れればビッグBは燃料のなくなる8時間後にやはり新陽に墜落する。新陽が爆発すれば関西から関東まで壊滅してしまう。
 湯原は新陽に出向き、かけつけた原発の設計士三島たちと共に高彦の救出とビッグBの墜落を防ぐ方法を探る。
 一方、福井県警のふたりの刑事がこつこつと敦賀原発反対者をあたっていた。
 ・・・・・・


・ 監督: 堤幸彦
・ 原作: 東野圭吾 『天空の蜂』(講談社文庫刊)
・ 出演: 江口洋介、本木雅弘、田口翔大(子役)、石橋けい、國村隼、光石研、柄本明、落合モトキ、手塚とおる、松島花、佐藤二朗、永瀬匡、竹中直人、石橋蓮司、やべきょうすけ、綾野剛、仲間由紀恵、向井理
> 向井理が出演しているが最後に顔を出すだけ。

■ 天空の蜂 (2015、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4515-f5fda5ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)