どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

雪の女王/スノークイーン (2002、米国) ★
アンデルセン童話「雪の女王」を下敷きに物語を膨らませた米国映画。雪の女王役はブリジット・フォンダ。
 ゲルダもカイも18歳と原作よりも大人の設定になっている。
 ゲルダに絡む3人の女性と雪の女王が4姉妹で、それぞれ春夏秋冬だというのはおもしろいアイデア。ただし原作では花の園を出た時にはすでに秋になっているし、北の国でさらに2人の女性の世話になる。
 ブローチを温めて凍った窓に押し付けてのぞき穴を作るシーンがあるが、原作には銅貨を温めてのぞき穴をつくり互いの目を見るという場面がある。
 DVDで観た。DVDの予告編集に約5分間のメイキングとインタビューが収録されている。元々TV用映画として2回に分けて放映されたものらしく、ちょうど真ん中で続く"to be continued..."となってクレジットが映される。前後編合わせて約3時間の長い映画。

 関連記事 ⇒ 「雪の女王 原作童話と映画化

□ ゲルダが幼いころ、母親は雪にまかれて亡くなった。ゲルダは母の形見のバラの花のブローチを大切にしていた。
 9年後、ゲルダの父親が経営するホテルにベルボーイとしてカイという青年18歳)が雇われる。やがてゲルダとカイは互いを好きになる。
 冬の夜、スケートをしていたふたりが初めてキスをした時、急に雪が降り出しカイの目に何かのカケラが飛び込む。その日からカイは人が変わったようにいじわるになりゲルダにもそっけなくなった。
 吹雪の日、真っ白なコートを着た女性がホテルにやってくる。その日はゲルダの18歳の誕生日だった。しかしカイは約束したにもかかわらず誕生パーティに出席せずホテルから姿を消した。

 春になり氷が解けて、カイが最後に乗っていたそりが川から見つかる。ゲルダはカイがまだ生きていて、雪の女王にさらわれたのだと信じるようになる。ゲルダは川に身を投げる。
 カイはホテルそっくりの雪の女王の凍りついた館にいた。女王はカイに粉々に割れた鏡を修復するように命じる。
 ゲルダは花々が咲き乱れる岸辺に流れ着く。花を飾り立てた女性に眠らされたゲルダはカイのことをすっかり忘れてしまう。ゲルダが何かを思いだしそうになると、女性はゲルダを眠らせて忘れさせてしまう。彼女は春、冬である雪の女王の姉だった。
 ゲルダは夏の王女の宮殿に着き、王女はゲルダを歓迎する。王女の婚約者選びのパーティで、王女はゲルダにも相手を見つけさせて引き留めようとする。
 ゲルダは秋の森の中で山賊に捕まる。ゲルダは鍋で煮られそうになるが、同年代の友達が欲しい山賊の娘に命を助けられる。娘はゲルダを山賊の仲間にしようとする。山賊の女親分は秋、雪の女王の姉だった。
 逃げだしたゲルダはラップランドを目指す。

 カイは鏡を完成させる。しかし一か所カケラが見つからない。
 ・・・・・


・ 監督: デヴィッド・ウー
・ 出演: ブリジット・フォンダ (スノークイーン)、 ジェレミー・ギルバート(カイ)、チェルシー・ホッブス(ゲルダ)、ロバート・ウィズダム(ゲルダの父親)
・ スタンダードサイズ4:3/カラー(TVムービー)
・ ロケ: ブリティッシュ・コロンビア(カナダ)
> ブリジット・フォンダ: ヘンリー・フォンダの孫、ピーター・フォンダの娘、ジェーン・フォンダの姪。

■ 雪の女王/スノークイーン SNOW QUEEN (2002、米国/ドイツ/カナダ、英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4492-20ba527c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)