どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

スパイ・レジェンド (2014)  ★ (ノベンバーマン)
彼が通過した後生き残っているものはいないと言われた暗号名ノベンバーマンの元CIAエージェント。ロシアの次期大統領候補を失脚させる秘密をつかんだ元恋人をロシアから脱出させようとするが彼女は仲間のはずのCIAに殺される。
 ビル・グレンジャーのスパイ小説 "There Are No Spies"の映画化。
 多くのスパイ映画はいかにも絵空事だけど、この映画はチェチェン紛争など現実の事件とからめCIAならやりかねないと思わせる作りになっている。
 CIAがナタリアの車の追跡にドローンを使っているが直径1m以上の大型のもの。
 オルガ・キュリレンコがセクシーな姿になるけれど背が高くてやたら細かった。
 DVDで観た。

□ モンテネグロ 2008年。CIAエージェントのデヴェローは米国大使の暗殺を阻止したが子供が巻き添えで死んでしまう。デヴェローは部下のメイソンを命令に従わなかったと非難した。

 5年後、引退しスイスのローザンヌにいたデヴェローをかっての仲間でCIA高官のハンリーが訪ねる。ロシアの次期大統領候補フェデロフが自分の過去を知る者を次々に殺させている。潜入してフェデロフの恐ろしい秘密をつかんだデヴェローの元同僚ナタリアがデヴェローに脱出の手助けを求めているという。
 モスクワ。ナタリアが逃走しCIAが回収に向かう。FSBがナタリアを追跡、捕まりそうになった時にデヴェローが現れナタリアを拾い車で逃げる。しかし車中のナタリアは何者かに狙撃されデヴェローに「ミラ・フィリポワ」と言い残して死んだ。デヴェローはナタリアを狙撃した一味を殺すが、狙撃手はCIAのメイソンだった。
 ベオグラード。メイソンはデヴォロー殺害を命じられる。
 チェチェン難民だったミラ・フィリポワをソーシャル・ワーカーとして支援したアリス・フルニエをフェデロフの殺し屋がねらう。メイソンたちCIAも駆けつけるが、デヴォローがアリスを連れて逃走する。
 ・・・・・

> FSB(ФСБ):ロシア連邦保安庁 Federal Security Service of the Russian Federation

・ 監督: ロジャー・ドナルドソン
・ 原作: ビル・グレンジャー "There Are No Spies"
・ 出演: ピアース・ブロスナン、ルーク・ブレイシー、オルガ・キュリレンコ、イライザ・テイラー、カテリーナ・スコーソン、ビル・スミトロヴィッチ、ウィル・パットン
> DVDに映された原題は "THE NOVEMBER MAN"ではなく "NOVEMBER MAN"だった。
> 原作者ビル・グレンジャーは米国人で、シェフのビル・グレンジャーとは同姓同名の別人

 メイソンが戻って来た時、ハンリーは「ルーシーは? 連れてこいと言ったぞ」と言うが、ハンリーはメイソンに「ミラ」を連れてくるように命じた。
 ミラが駅のパソコンでタイトルを入力した後で[Send]をクリックする時、画面上部に[Untitled Message]と表示されている。

■ スパイ・レジェンド NOVEMBER MAN (2014/2015) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4487-802c4f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)