どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター (2014、フィンランド) ★
おもしろかった。13歳の少年が超大国米国の大統領と対等に協力し合ってテロリストと戦う。
 ペンタゴンの対応とかテロリストたちの行動とかかなり荒っぽくセリフ回しも陳腐に感じる部分はあったけれど、山を転げ落ち川を下り水中から脱出したりといろいろ盛りだくさん。
 子供が人殺しをするのは嫌だなと思いながら観ていたけれどきちんと考えてあった。

□ フィンランド北部の狩人の息子オスカリはひとりで山奥に入る。13歳の誕生日に山奥で一昼夜を過ごし大物(ビッグゲーム)を仕留めて持ち帰るのが狩人のしきたりだった。オスカリの父親は大熊を倒し頭を持ち帰った。しかしオスカリは弓も満足に引けない頼りなさ。
 ヘルシンキに向かっていたエアフォースワンがミサイルで撃墜される。ムーア大統領は直前にひとり脱出ポッドに乗せられて脱出し山奥に着地する。
 オスカリと出会った大統領は人里への案内を頼むが、オスカリの第一の目標は大鹿を仕留めることだった。
 大統領を捕らえようとテロリストたちが迫ってくる。
 大統領はオスカリにひとりで逃げるように言う。
 ・・・・・


・ 監督: ヤルマリ・ヘランダー
・ 出演: オンニ・トンミラ、サミュエル・L・ジャクソン、レイ・スティーヴンソン、ヴィクター・ガーバー、マフメット・クルトゥルス、テッド・レヴィン、ヨルマ・トンミラ、リスト・サルミ、フェリシティ・ハフマン、ジム・ブロードベント

【映画の中の映画】  イウォーク: モリスがオスカリのことを言う。イウォークとは「スター・ウォーズⅥ ジェダイの帰還/復讐(1983)」に登場するエンドア星の住民。

■ ビッグゲーム 大統領と少年ハンター BIG GAME (2014/2015、フィンランド/英国/ドイツ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4481-06448075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)