どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

デビルズ・ノット (2013) ★
1993年5月、米国アーカンソー州ウェスト・メンフィスで3人の男児が殺され3人の少年が逮捕され死刑を含む有罪判決を受けた実話を元にした"BASED ON A TRUE STORY"ドラマ。DVDで観た。
 「ウェスト・メンフィス3」と呼ばれるようになった3人の少年は実は犯人ではなく有罪判決は冤罪だと主張する人たちも多い。ジョニー・デップ、ピーター・ジャクソン、ウィノナ・ライダーたちもそうらしい。
 実話を基にしているので結末は覆しようがないが、この映画では3人は冤罪という立場で描かれている。

 この事件を題材にしたドキュメンタリー映画として「Paradise Lost: The Child Murders at Robin Hood Hills (1996)」「Paradise Lost 2: Revelations (2000)」「Paradise Lost 3: Purgatory (2011)」「West of Memphis (2012)」などがある。さらに「West Memphis Three」が企画中らしい。

> タイトルの゛ノット”は"not"ではなく"knot"。原題は“悪魔の結び目”。子供たちは後ろ手の手首と足首を靴紐でつながれていた。
West Memphis Three(WIKIPEDIA20150816)にこの事件についてかなり詳しく書かれている。日本語版では省略されている部分がある。映画で重要な役割を果たすアーロン少年が日本版には登場しない。

□ 1993年5月5日、ウェスト・メンフィスでスティーヴィ、マイケル、クリスの3人(いずれも8歳男児)が行方不明となり、翌日ロビンフッドの森にある“悪魔の巣窟”と呼ばれている場所の川底から全裸で縛られた3人の遺体が発見された。
 6月、殺された子供たちの友達のアーロンの証言を元にジェシー・ミスケリーJr(17)、ダミアン・エコールズ(18)、ジェイソン・ボールドウィン(16)が逮捕された。警察は3人を殺人罪で起訴し死刑を求刑すると発表した。
 住民の一部に悪魔崇拝が事件の原因だと言ううわさが流れ、 教会では『ハードメタル音楽と悪魔崇拝は関連性がある。リーダーのダミアンは地獄に堕ちる』と説教した。
 調査会社のロン・ラックスは死刑に反対する立場から調査が不十分と考え3人の公選弁護人に無償で協力を申し出る。
 殺人を自供したジェシーは知能が低く警察の尋問でも子供たちと出会った時刻や子供たちを縛った物などを何度も間違えた。ロンや弁護団はジェシーが警察官が気にいるような答えをしていると考えるが、裁判では考慮されずジェシーは有罪となる。
 現場近くのレストランで目撃された不審人物、クリスの父親のナイフの血、事件直後にカリフォルニアに移住した青年、など弁護側の出す証人はことごとく一方的に事件とは無関係と片づけられてしまう。
 スティーヴィの母親パムは最初は3人の少年の有罪を信じていたが、裁判を傍聴するうちに少年たちの有罪が最初から決まっているように感じるようになる。
   ・・・・・・


・ 監督: アトム・エゴヤン
・ 原作: マーラ・レヴァリット"Devil's Knot(2002)"
・ 出演: コリン・ファース、リース・ウィザースプーン
  デイン・デハーン、ミレイユ・イーノス、ブルース・グリーンウッド、イライアス・コティーズ、スティーヴン・モイヤー、 アレッサンドロ・ニヴォラ、エイミー・ライアン、ジェームズ・ハムリック、クリス・ヒギンズ、セス・メリウェザー

■ デビルズ・ノット DEVIL'S KNOT (2013/2014)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4480-4c6a9b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)