どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2015/08/15
0011ナポレオン・ソロの映画版が今週末(8月14日)から米国で公開される。
 世界が核戦争の危機に会った東西冷戦時代、1960年代の人気TVシリーズ。米国CIAエージェント ナポレオン・ソロとソ連KGBエージェント イリヤ・クリヤキンが国際機関アンクル(U.N.C.L.E.)のエージェントとして世界の敵と戦った。イリヤを演じたデヴィッド・マッカラムは日本でも大人気となった。
 米国公開される映画"THE MAN FROM U.N.C.L.E."は ガイ・リッチー監督、ヘンリー・カヴィル(ソロ)、アーミー・ハマー(イリヤ)
 日本では「コードネーム U.N.C.L.E.」の邦題で11月に公開される。

> 「ジュマンジ (1995)」のリメイクが、2016年クリスマスに米国で公開される。

【今週末からロードショウ公開される予定のおもしろそうな映画】  
 
 ビッグゲーム 大統領と少年ハンター  (フィンランド)

フィンランドのラップランドの荒れ地で狩りをしていた13歳の少年オスカリ(Oskari)が見つけたのは、鹿でも宇宙人でもなくて、世界最高の権力者 米国大統領。 撃墜されたエアフォースワンからただひとり生き延びたものの、見知らぬ土地で子供とふたりでテロリストたちと対決する。     サミュエル・L・ジャクソン、オンニ・トンミラ
 上演館が少ない。

 ふたつの名前を持つ少年  (ドイツ、フランス)

 1942年、ポーランドのゲットーから逃げ出した8歳のユダヤ人少年スルリックは、ポーランド人孤児ユレクと名前を偽りドイツ軍から逃げながらひとり放浪する。    上映館が限られている。

 あの日のように抱きしめて  (ドイツ)

 1945年6月、敗戦直後のベルリン。アウシュビッツを生き延びた歌手のネリーは顔に大きな傷を負っていた。手術で傷を修復したものの元の顔とは違う。ネリーはピアニストの夫ジョニーと再会する。しかしジョニーは妻が亡くなったと思い込んでいてネリーを妻に似た別人と思う。ジョニーはネリーに遺産相続のために妻の偽物になってくれと頼む。  上映館が限られている。
 監督・主演2人は「東ベルリンから来た女 (2012)」と同じ
 リスティアン・ペッツォルト監督、ニーナ・ホス ネリー、ロナルト・ツェアフェルト

 ブラック・シー    (英国)

解雇されたベテラン潜水艦乗りが乗員を集め老朽ロシア潜水艦で、黒海(ブラック・シー)に沈むUボートが積んでいる金塊を引き上げようとたくらむ。  ジュード・ロウ
   上映館が限られている。

【米国で今週末から公開される気になる映画】

 FINAL GIRL

13歳の少女ベロニカはウィリアムから究極の兵器として訓練を受ける。
若い女性を獲物にハンティングを楽しむ4人の少年たち。彼らが出会った金髪の少女は、少年たちを狩り始める。
    アビゲイル・ブレスリン、ウェス・ベントリー 、キャメロン・ブライト、アレクサンダー・ルドウィグ

(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4469-18476686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)