どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

スター・ウォーズ シリーズ
 約40年昔、1977年に第一作エピソード4が公開された「スターウォーズ」には1983年までルーク・スカイウォーカーやハン・ソロが活躍する3部作が公開された。
 第一作から22年後の1999~2005年には、ルーク・スカイウォーカーの父親アナキン・スカイウォーカー、オビ=ワン・ケノービを中心とする三部作が公開された。
 2015年からはレイア姫の子供の世代を中心とする三部作が公開されている。
 他にスピンオフや3D版、TVアニメ版があり、小説やコミックやゲームもある。本ブログで扱うのは映画およびTV版のみ。


(1)エピソード1~3 (1999-2005)
 アナキン・スカイウォーカー、オビ=ワン・ケノービを中心とする三部作

・ エピソードⅠ ファントム・メナス  Star Wars: Episode I - The Phantom Menace   (1999)
・ エピソードⅡ クローンの攻撃   Star Wars: Episode II - Attack of the Clones  (2002)
・ エピソードⅢ シスの復讐 Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith  (2005)

 宇宙は各星の代表で構成される共和国元老院によって秩序が保たれている。元老院の施策を実現するためにたくさんのジェダイの騎士たちがいた。共和国制に反対する分離主義者たちの勢いが増しジェダイの騎士だけでは抑えられなくなり共和国正規軍の設立が議論されていた。
 この三部作では従来の手法に加えてCGが使えるようになっている。


(2)エピソード4~6 (1977-1983)
 ルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、レイア姫が活躍する三部作。スターウォーズシリーズの中で最初に公開された。

・ エピソードⅣ 新たなる希望 Star Wars: Episode IV - A New Hope (1977)
・ エピソードⅤ 帝国の逆襲    Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back  (1980)
・ エピソードⅥ ジェダイの帰還(復讐) Star Wars: Episode VI - Return of the Jedi (1983)

 宇宙は帝国によって支配されている。帝国の圧政に対して反乱軍が抵抗を続けているが圧倒的に劣勢。かって宇宙の平和を守っていたジェダイの騎士は消え去り伝説となっている。
 映画の製作技術としてはCGはまだ登場しておらずSFX(特撮)が使われている。昔から使われているストップモーションにコンピュータ制御で動かすカメラを組み合た技術が使われた。デジタル映画はなく撮影にも上映にもフィルムが使われた。別々にフィルム撮影した映像を光学的に重ね合わせることが可能になっている。
 現在私が所有しているBDは公開当時の映像に、後日CGによる映像を追加したものになっている。


(3)エピソード7~9   (2015-2019)

・ Episode VII スター・ウォーズ フォースの覚醒 "Star Wars: The Force Awakens" (2015)  
・ Episode VIII スター・ウォーズ 最後のジェダイ "Star Wars: The Last Jedi." (2017)   2017年12月公開
・ Star Wars: Episode IX (2019)               2019年公開予定

 帝国に代わる“ファースト・オーダー”が銀河を支配しつつある。レイア・オーガナ将軍が率いるレジスタンスが共和国の支援を受けながらファースト・オーダーと戦っている。砂漠の惑星ジャクーで廃村回収をしている少女レイは幼い時に去った家族の帰りを待ち続けている。レイにとってルーク・スカイウォーカーやハン・ソロは神話に出てくる架空の人物だった。


(4) スピンオフ

・ クローンウォーズ (2008) 
 エピソード2と3の間の頃。ジェダイの騎士たちがクローン軍を指揮して分離主義者のドローン軍と戦っていた時代を描くCGアニメ。

・ ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー"Rogue One: A Star Wars Story" (2016/2016)    NEW
 エピソード4の直前。 女性凶悪犯罪者のジン・アーソ率いる寄せ集め部隊「ローグ・ワン」が帝国の究極兵器デス・スターの設計図を盗み出す。
  フェリシティ・ジョーンズ、マッツ・ミケルセン、ドニー・イェン

・ (タイトル未定)   2018年5月公開予定
 若いころのハン・ソロ。 3部作となるかもしれない。
   オールデン・エアエンライク、エミリア・クラーク、ウディ・ハレルソン、タンディ・ニュートン

・ (内容は不明)   2020年公開
 ボバ・フェット?

・ ?????

(5) TVアニメシリーズ

・ クローンウォーズ Star Wars: The Clone Wars  (TV2008~) TVアニメシリーズ
 映画「クローンウォーズ (2008)」のTVアニメシリーズ版で エピソード2と3の間の頃。ジェダイの騎士たちがクローン軍を指揮して分離主義者のドローン軍と戦っていた時代。2008年に開始され現在(2015)7シーズン目に入っている。

・ スター・ウォーズ 反乱者たち Star Wars Rebels  (2014~) (TV Series)
     シーズン1(TV2014)、シーズン2-12-2(TV2015)
 エピソード3の後の時代を描くTVアニメシリーズ。ほとんどのジェダイの騎士が殺され宇宙は帝国によって支配されている。
 惑星ロザルの孤児エズラは反乱軍に加わる。

(6) その他

・ エンドア/イウォーク
  「エピソードⅥ ジェダイの帰還(復讐)」の舞台となった森の月「エンドア」の住人イウォークが活躍する映画2本とTVアニメシリーズ
 -イウォーク・アドベンチャー CARAVAN OF COURAGE: THE EWOKE ADVENTURE(1984/1985)
 -エンドア/魔空の妖精 EWOKES: THE BATTLE FOR ENDOR (1985/1987)
 -スター・ウォーズ イウォーク物語 Ewoks  (TV1985~1987)

・ エピソードⅠファントム・メナス 3D (2012)
  1999年に公開されたエピソードⅠの3D版で2012年に公開された。

・ エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街 (2015)
  「エピソードⅣ 新たなる希望 」にたまたま出演した無名の脇役やエキストラを追ったドキュメンタリー。映画の中では顔が出なかったり台詞もないのにイベントでは人気者でフィギュアになった人たちもいる。



テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4454-36c70d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)