どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐 後編 (TV2014) ★★★
シーズン4全10話をDVD5枚で観た。2011年から始まった人気TVシリーズ。
  【1】 【2】 【3】 【】 【5】 【6】 【7】 【8】


 今回も権力者が死に、すぐにも死にそうな弱者が苦労しながらも生き続ける
 ラニスター家のティリオンは子供みたいな身体ゆえに父親タイウィンから疎まれ、誕生の時に母親が死んだため姉サーセイから憎まれている。しかしその実は頭もよく、スタニス・バラシオンの船団を壊滅させたのも彼の功績なのだが父親タイウィンは認めてくれない。
 アリアと行動を共にしているハウンドは身代金が目的と言っているが、過去に王都でサンサを助けたこともある。

□ 双子城のウォルダー・フレイとの関係修復と戦力増強を謀った北の王ロブ・スタークだったがフレイの策略と旗手のボルトン公の裏切りで母親キャトリンと共に結婚式で殺されてしまう。双子城に着いたロブの妹アリアは惨劇を目にするが、サンダー・クレゲイン(ハウンド)によって助け出される。
 王都キングズ・ランディングにロブ・スターク死亡の知らせが届く。タイウィン・ラニスターを含め王都ではスターク家の男はみんな死んだと思っている。
 サンサ・スタークも母と兄の死を知る。妹のアリアは消息不明。弟たち(ブランとリコン)は裏切りシオンに殺された。結婚したばかりの夫は子鬼と陰口を言われているティリオン・ラニスター公。サンサは不幸のどん底にいる。
 実はブランとリコンは生きている。ブランたちは北の壁の北側に入る。リコンとオシャはラストハース(最後の炉端)城に向かっていた。
 黒の城から連絡を受けたスタニス・バラシオンはメリサンドルの助言もあって王都攻撃よりも北からの脅威への対処が重要だと考える。
 ユンカイを攻略したデナーリス女王は20万人の奴隷を解放した。


【1】 タイウィン・ラニスター はヴァリリア鋼のスタークの剣から2本の剣を鋳造させる。その1本をジェイミーに与える。ジェイミーは王の楯の総帥に復帰する。 国王の結婚式に出席するためドーンのマーテル家の大公の代わりに公弟オベリンが王都に着く。公弟オベリンは姉と子供たちを殺したサー・グレガー(マウンテン)とラニスター家を憎んでいた。 家族を失ったサンサは依然落ち込んでいて何も食べようとしない。
 北の壁の黒の城ではジョン・スノウが裁判にかけられる。スノウはマンス・レイダーは北の各部族を団結させ10万の軍をつくって南に向かっていると証言する。スノウは死刑を免れるが、依然雑士として扱われる。
 ハウンド(サンダー・クレゲイン)はアリア・スタークを叔母のライサ・タリーに届け身代金をもらうために高巣城(アイリー)に向かっていた。途中、国王の兵士5人を殺し、アリアは自分の剣ニードルを取り返す。

【2】  ドレッドフォート城にボルトン公が帰還する。ラムジー・スノウの拷問でシオン・グレイジョイは従順なリークになっていた。リーク(シオン)は「実はブランとリコンを殺していない」と話す。スターク家の男が生きていることがわかれば、北部の人たちはスタークに従いボルトン家にとって脅威となる。ボルトン公はブランとリコンに追っ手を差し向ける。
 タイウィンはもう一本のヴァリリア鋼の剣をジョフリー国王に贈る。ジョフリー国王とマージョリー・タイレルの盛大な結婚式が開かれる。ジョフリーが公衆の面前で叔父ティリオンにいやがらせをする。パイを食べワインを飲んだ国王が喉を詰まらせた。

【3】 ジョフリー王殺害の容疑でティリオンが捕えられる。ティリオンの妻サンサは姿を消した。サンサは、ピーター・ベイリッシュ公の船に乗っていた。 ドーンを味方につけておきたいタイウェン・ラニスターは公弟オベリンを訪ねティリオンの裁判で裁判官に加わり小評議会にも加わってほしいと依頼する。 牢内のティリオンは従士のポッドに王都から逃げるように命令する。
 北に行っていたレンジャーが黒の城に戻りクラスター砦の反乱を伝える。ジョン・スノウはマンス・レーダーが反乱者たちを捕らえれば黒の城の守備の弱さがばれてしまうと反乱者の討伐を提案するが却下される。サムウェルは男だらけの黒の城では危険だとジリと赤子をモウルズタウンに住まわせる。
 デナーリス軍はミーリーンに到達する。

【4】 デナーリス軍は、ミーリーンの奴隷たちの反乱でミーリーンを征服する。
 ベイリッシュ公とサンサは、ベイリッシュの婚約者でサンサの叔母のライサ・アリンが城主の高巣城に向かっている。
 ジェイミーはブライエニーにスタークの娘サンサを守るために使えとヴァリリア鋼の剣を与える。ブライエニーは剣をオウスキーパ("Oathkeeper"、誓約を果たすもの)と名付ける。ジェイミーはティリオンの従士ポッドをブライエニーの従士にする。
 黒の城のジョン・スノウはクラスター砦の反逆者の討伐を認められる。志願者を募って北に向かう。 三つ目の鴉を探すブランたちはクラスター砦の反逆者たちに捕えられる。

【5】  王都キングズ・ランディングではトメン1世新国王の戴冠式が行われる。
 デナーリスが先に解放したユンカイでもアスタポアでも親方が権力を取り戻している。デナーリスは七王国攻略の前に奴隷商人湾を自分で支配するべきだと考える。
 ベイリッシュ公とサンサ・スタークは高巣城(アイリー)に着きライサ・アリンや息子ロビンに歓迎される。しかしサンサがいることがラニスターに知れると大変なので、サンサは表向きにはベイリッシュ公の姪のアレインと名乗る。ライサはベイリッシュ公と強引に結婚する。
 タイウェンはサーセイに王家は破産状態でプレーヴォスのアイアンバンク(鉄の銀行)に莫大な借金していると打ち明ける。
 ブライエニーはサンサがジョン・スノウがいる黒の城に向かっていると考えポッドを連れて北に向かっている。
 ブランたちはクラスター砦の反逆者たちに捕えられていた。ジョン・スノウたちナイツ・ウェッチがクラスター砦を攻撃する。ブランはなつかしいジョン・スノウを見るが、会わずにクラスター砦を離れさらに北に向かう。

【6】 スタニス・バラシオンとダヴォス・シーワースは、プレーヴォスに行き、アイアン・バンクに借り入れを了承させる。
 デナーリスは女王としてミーリーンを治める。ドラゴンの一匹ドロゴンが飼われていた山羊の群れを全滅させたため賠償する。
 王都ではティリオンの裁判が開かれる。ティリオンに不利な証言が次々に行われる。最後の意外な証人のでたらめな証言にティリオンはついに怒りを爆発させる。

【7】 死刑判決が決定的になったティリオンは決闘裁判を要求する。サーセイは代理闘士にグレガー・クレゲイン“マウンテン”を指名する。ジェイミーはティリオンの無実を信じているが“マウンテン”相手に左手では勝ち目はない。ティリオンが頼みにしていたブロンは辞退する。絶体絶命のティリオンに意外な人物が代理闘士を申し出る。
 ジョン・スノウたちが黒の城に帰還する。スノウは砦を指揮するアリザー・ソーンに、マンス・レイダー軍に備えてトンネルを塞ぐように提案するが却下される。巨人の存在も信じてもらえない。
 ブライエニーとポッドは、うまいキドニー・パイを出した給仕(ホット・パイ)からアリアが生きていることを聞く。ふたりはアリアの叔母ライサ・アリンのいる高巣城に向かう。(注)ホット・パイは第三章でアリアと行動を共にしていた。パイ作りの腕を買われてアリアと別れて残った。
 高巣城では、ピーター・ベイリッシュとサンサがキスしているのをライサが見てしまう。

【8】 ラムジー・スノウはボルトン公に命じられ海峡の要塞を攻略する。ラムジーはボルトン公からボルトン姓を名乗ることを許される。
 高巣城(アイリー)では、ライサ・アリンの死について、ベイリッシュ公が尋問される。ベイリッシュ公はライサが自殺したと証言する。サンサ・スタークは自分の素生を明かしベイリッシュ公の証言を裏付ける。
 ミーリーンでは、ジョラー・モーモントがかってヴァリスの密偵だったことがわかり、デナーリス女王によって追放される。
 王都ではティリオンの決闘裁判が開かれる。ティリオンの代理闘士となった公弟オベリンは姉と子供たちの仇であるマウンテンに対し優勢に戦いを進める。

【9】 野人に襲われたモウルズタウンで生き延びたジリーと赤子が黒の城に戻りサムがかくまう。
 マンス・レイダーが指揮する北の大軍が壁の攻撃を開始する。南からはイグリットたち野人が黒の城への攻撃を開始する。やっと、ジョン・スノウの話が真実とわかったアリザー・ソーンが傷ついて倒れる。巨人と巨象(マンモス)がトンネルの門を壊そうとする。門を破られれば大軍を止める力はナイツ・ウォッチにはない。

【10】 黒の城はなんとか第一波の攻撃を喰いとめたものの敗北は目に見えている。ジョン・スノウはマンス・レイダーを殺そうと単身で北に入る。マンス・レイダーはジョン・スノウに、北の部族が南に向かっているのは南を侵略するためではなく、北からの脅威(ホワイト・ウォーカー)から逃げるためだと話す。
 ブランたちはホワイト・ウォーカーに襲われ、洞窟に逃げ込む。ブランは今は老人の姿をした三つ目の鴉から、ブランは二度と歩けないが飛ぶことができると聞かされる。
 牢から逃げ出したティリオンは、父親タイウィンのベッドに自分が愛したシェイがいるのを見つける。
 ミーリーンでは、デナーリスのドラゴンの一匹ドロゴンが3歳の少女を焼き殺す。デナーリスはとりあえず手元にいる二匹を閉じ込める。
 ブライエニーと戦い重傷を負ったハウンドと別れたアリアは船を見つけ北に連れて行ってほしいと頼むが断られる。船は自由都市ブレーヴォスの船だった。アリアは船長に(第二章で)ジャクェン・フ=ガーにもらったコインを渡し「ヴァラー・モルグリス」と言う。


> 今シーズン、故エダード・スタークの三男リコンと同行するオシャは登場しなかった。

・ 原作: ジョージ・R・R・マーティン "A Song Of Ice And Fire"
・ 登場人物: 
タイウィン・ラニスター : 王の手 ............. チャールズ・ダンス
サーセイ・ラニスター : タイウィンの娘、ジョフリーの母親、太后 ............. レナ・ヘディ
ジェイミー・ラニスター : タイウィンの息子、キングスレイヤー............. ニコライ・コスター=ワルドー
ティリオン・ラニスター : タイウィンの息子、大蔵大臣 ............. ピーター・ディンクレイジ

ジョフリー・バラシオン: 国王............. ジャック・グリーソン
トメン・バラシオン:ジョフリーの弟 .............ディーン=チャールズ・チャップマン

マージェリー・タイレル : ジョフリー王の婚約者  ............. ナタリー・ドーマー
レディ・オレナ・タイレル : マージェリー/ロラスの祖母............. ダイアナ・リグ
ロラス・タイレル  : マージェリーの兄、花の騎士............. フィン・ジョーンズ

ブロン : ティリオンの護衛............. ジェローム・フリン
ポドリック・ペイン(ポッド) : ティリオンの従士............. ダニエル・ポートマン
シェイ : サンサの侍女、ティリオンの女............. シベル・ケキリ
ブライエニー : タース家、キャトリン・スタークに忠誠を誓った。 ............. グウェンドリン・クリスティー
ヴァリス  : 宦官、諜報網............. コンリース・ヒル
オベリン・マーテル公弟(ドーン).............ペドロ・パスカル

スタニス・バラシオン : ロバート前王の弟............. スティーヴン・ディレイン
ダヴォス・シーワース : スタニスの家臣、玉葱の騎士 ............. リーアム・カニンガム
メリサンドル : 紅の女 ............. カリス・ファン・ハウテン
セリース・バラシオン : スタニス王の妻.............タラ・フィッツジェラルド
シリーン・バラシオン : スタニスの娘............. ケリー・イングラム

ルース・ボルトン公 : ロブ・スタークの旗手だった、裏切り者.............マイケル・マケルハットン
ラムジー・スノウ : ボルトン公の落とし子.............イヴァン・リオン
シオン・グレイジョイ/リーク ............. アルフィー・アレン
ヤーラ・グレイジョイ : シオンの姉............. ジェマ・ウィーラン

ライサ・アリン:タリー家出身 ...ケイト・ディッキー
ロビン・アリン ...リノ・ファシオリ
サンサ・スターク  : 故エダード・スタークの長女............. ソフィー・ターナー
ピーター・ベイリッシュ公 (リトル・フィンガー)............. エイダン・ギレン

アリア・スターク : 故エダード・スタークの次女 ............. メイジー・ウィリアムズ
サンダー・クレゲイン(ハウンド) : 元ジョフリー王の楯 ............. ロリー・マッキャン

ジョン・スノウ : 故エダード・スタークの落とし子 ............. キット・ハリントン
サムウェル・ターリー............. ジョン・ブラッドリー
ジリ............. ハンナ・マリー
ロック:ナイツウォッチ  ..........ノア・テイラー
イグリット:野人 ............. ローズ・レスリー
トアマンド・ジャイアンツベイン:南に入った野人たちのリーダー............クリストファー・ヒヴュ
マンス・レイダー.............キアラン・ハインズ

ブラン・スターク : 故エダード・スタークの次男............. アイザック・ヘンプステッド・ライト
ジョジェン・リード.............トーマス・ブローディ・サングスター
ミーラ・リード.............エリー・ケンドリック
ホーダー .............クリスチャン・ナイアン

デナーリス・ターガリエン:女王(カリーシ、ミサ)............. エミリア・クラーク
ジョラー・モーモント、デナーリスの相談役 ............. イアン・グレン
バリスタン・セルミー  : デナーリスの相談役........ イアン・マッケルヒニー
ミッサンデイ : 通訳.............ナタリー・エマニュエル
ダーリオ・ナハリス :  傭兵(セカンド・サンズ)の隊長.............エド・スクライン
グレイ・ワーム : アンサリードの指揮官.............ジェイコブ・アンダーソン

■ ゲーム・オブ・スローンズ GAME OF THRONES 第四章戦乱の嵐 後編 (TV2014) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4446-119e8b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)