どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ハイネケン誘拐の代償 (2014) ★
1983年に起きたオランダの世界的なビール会社ハイネケンの会長兼CEOのフレディ・ハイネケン(当時60歳頃)誘拐事件を基にした映画。 この事件は映画「誘拐 狙われたハイネケン(2011)」にもなった。他にオランダのTVミニシリーズ「"Freddy, leven in de brouwerij"(2013) 」も同じ事件を扱っているらしい。

 「誘拐 狙われたハイネケン(2011)」でも感じたが、誘拐の方法、監禁の仕方、身代金の受け取り方法など綿密に考えられていて見事。しかし、金を受け取った後がグタグタ。

 ハイネケン社は1864年にフレディ・ハイネケンの祖父の Gerard Adriaan Heineken が22歳でアムステルダムにあった醸造所を買収して始まる。1873年に社名をハイネケン(Heineken's Bierbrouwerij Maatschappij )に改名した。
 フレディ・ハイネケン(Alfred Henry "Freddy" Heineken)は1940年から働き始め、1971年に会長に就任した。彼はハイネケン社を世界的な企業に発展させ、2002年に死去した。ハイネケン社(Heineken International)は今では世界190カ国以上で販売されている。(参考: WIKIPEDIA20150621

□ アムステルダムに住むコル・ヴァン・ハウトと親友たちで経営していた建設会社が破産する。コルたちは大富豪のハイネケンを誘拐して大金を手に入れる計画を立てる。
 1983年、覆面をしたコルたちは自宅から出てきたフレディ・ハイネケンと運転手を誘拐する。会社の倉庫内に作った防音の隠し部屋に監禁し、身代金として3500万ギルダーを要求する。
 支払いに応じるなら出すはずの新聞広告がなかなか載らず仲間の中に不安が広がる。
 しびれをきらしたハイネケンは自分で指示書を書くと言いだす。
 5人は見事に大金を手に入れるが....


・ 監督: ダニエル・アルフレッドソン
・ 原作: Peter R. de Vries "De ontvoering van Alfred Heineken (1987)"
・ 出演: ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・エーウェン、Thomas Cocquerel、アンソニー・ホプキンス(ハイネケン)
・ ロケ: オランダ、ベルギー、ルイジアナ

【映画の中の映画】  『オビ=ワン』: 台詞にある。 「スター・ウォーズ(シリーズ)」のオビ=ワン・ケノービ

■  ハイネケン誘拐の代償   Kidnapping Freddy Heineken   (2014/2015、オランダ/英国/ベルギー、英語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4413-f08c79e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)