どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリ (2008) ★
16~17世紀、トランシルヴァニア公国でもっとも有力な貴族バートリ家の出身でハンガリー貴族に嫁いだエリザベート・バートリ伯爵夫人を題材にした映画。
 夫人には数百人の処女を殺し生き血を満たしたタブに浸かったという言い伝えがあり、「インモラル物語(1974)」にも登場する。この映画によれば史上最大の殺人者としてギネスブックに掲載されているそうだ。

 しかしこの映画は夫人の大量殺人説は事実無根としている。

 この映画がどれど史実に基づいているのかわからないが、主要人物は実在した人物。
 この映画ではエリザベートは幼くして結婚するが、WIKIPEDIA 20160617 によれば結婚した時エリザベートはすでに約15歳。夫フェレンツは20歳で馬をもらってはしゃぐような年齢ではない。
 メリージ・カラヴァッジオは映画「カラヴァッジョ 天才画家の光と影(2007)」でも描かれているバートリ夫人と同時代のイタリアの画家でローマ、ナポリ、マルタ、シチリア等で活躍した。わざわざ遠いハンガリーまで行ったというのは疑問に感じる。

【歴史】  11世紀以降のハンガリー王国は中央ヨーロッパに広大な領土を持つ大国だった。
 1526年、オスマン帝国との戦いで領土の大部分を奪われる。この戦争でハンガリー国王ラヨシュ2世が戦死して、王位を神聖ローマ帝国皇帝フェルディナント1世(ハプスブルク家)が継ぐ。これに不満を持ったトランシルヴァニア公がオスマン帝国に支援を要請、1540年にオスマン帝国がハンガリーに攻め入り東ハンガリー王国(後にトランシルヴァニア公国)とする。発足当時はオスマン帝国の従属国だったがやがてハプスブルクとの関係を強化するようになる。1571年にバートリ家が政権を握る。
 この映画の時代、トランシルヴァニア公国はハプスブルクと親しくオスマン帝国と敵対していた。
 1575年、トランシルヴァニア公の姪エリザベートが、ハンガリー国の貴族フェレンツ・ナダスディに嫁ぐ。
 この映画の主な舞台となるチェイテ城はエリザベートが、夫フェレンツから贈与されたもので、当時はハンガリー国、現在はスロバキア(チェコとの国境近く)にある。
 当時の神聖ローマ帝国皇帝はハプスブルク家のルドルフ2世で、ハンガリー王、ボヘミア王をかねていた。1608年にハンガリー王を弟のマティアスに譲った。ルドルフ2世は1612年に死去し、マティアスが神聖ローマ帝国皇帝、ボヘミア王を継いだ。
 この当時、16世紀初めに起きた宗教革命によってヨーロッパではローマ教会に従うカトリックと、ルター派やカルヴァン派といった今で言うプロテスタントがあった。ハプスブルクはカトリックなのに対し、ハンガリーではキリスト教ならば信仰の自由が許されていた。

> ハンガリーでは名前を日本と同様に姓・名の順で呼ぶ。今回観たDVDの音声は英語で夫人の名前を字幕で「エリザベート・バートリ」と表記してあったが、マジャル語では「バートリ」を先に言う。カタカナ表記は「バートリ・エルジェーベト」。
> トランシルヴァニア公国は、現在のハンガリー東部~ルーマニア西北部あたりにあった。

□ 16世紀 高地ハンガリー。トランシルヴァニア公国の名家バートリ家の娘エリザベート・バートリはハンガリー貴族のフェレンツ・ナダスディと結婚する。
 1593年、フェリンツ伯爵はオスマン帝国軍と勇敢に戦っていた。
 エリザベートはチェイテ城の地下室で、薬草や治療など医療の研究をしていた。
 フェレンツはオスマン軍にいた画家のメリージ・カラヴァッジオを贈りものとして夫人に届けさせる。夫人はメリージに自分や子供たちを描かせる。
 村で首に2つの傷のある男の死体が見つかる。夫人は死体を城に運ばせる。夫人は人間の身体の構造に興味のあるメリージに解剖させる。それを覗き見た侍女は夫人たちが吸血鬼だと恐怖におびえた。
 毒薬を飲まされたエリザベートは、薬師で預言者で魔女とも呼ばれているダルヴュリアに命を救われる。
 1604年、フェレンツ伯爵が戦死する。フェレンツの部下のトゥルゾーは夫人に、伯爵は湖を譲ると遺言したと伝えるがはねつけられる。
 そのころ近隣の娘たちが原因不明で死亡する事件が起きる。また、エリザベートが大きなタブに血を満たして浸かっているといううわさが広まる。ふたりのカトリックの僧侶が城の地下室に忍び込み、バスタブの赤い液体を調べたところ赤い色は薬草によるものだった。
 ハンガリー副王となったトゥルゾーは殺人の容疑で夫人と夫人の召使いたちを捕らえた。
 ・・・・・・


> WIKIPEDIA 20160617 によれば夫人は1610年12月にチェイテ城内の部屋に監禁され、4年後の1614年8月21日に牢番と言葉を交わした翌朝死んでいるのが確認された。この WIKIPEDIA によれば、夫人が血の風呂に入ったという記述が初めて現れたのは(死後100年以上たった)1729年に発行されたイエスズ会学者(カトリック)の書物だそうだ。

・ 監督: ユライ・ヤクビスコ
・ 出演: アンナ・フリエル、カレル・ローデン、ヴィンセント・リーガン、ハンス・マシソン、フランコ・ネロ

> マティアス国王役のフランコ・ネロは、1960年代の「続・荒野の用心棒 (1966)」等のマカロニ・ウェスタンの印象が強い

■ アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリ BATHORY (2008、スロヴァキア/チェコ/ハンガリー/英国、英語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4409-12a6dce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)