どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2015/06/19,20
> クリストファー・リー氏が6月7日に亡くなった。享年93歳。
 長い間、クリストファー・リー = ドラキュラのイメージが強かったけれど、最近ではロード・オブ・リング(シリーズ)、スター・ウォーズ(シリーズ)、ホビット(シリーズ)などの話題作に出演していた。
 改めて履歴を見ると、ロンドン生まれで、若いころは海運会社に勤めていて7カ国語を話せた。語学力を認められて戦争中は英軍の情報将校だった。俳優を目指し10年以上も下積みを続けていたが「フランケンシュタインの逆襲(1957)」に193cmという長身のおかげで怪物役で採用された。ただし台詞はなく元の顔がわからないほどの特殊メイクだった。しかし同じハマーフィルムの「吸血鬼ドラキュラ(1958)」では主役のドラキュラ伯爵役に抜擢された。
 生涯に出演した映画は250本以上。007シリーズのイアン・フレミングは従兄弟。映画「007 黄金銃を持つ男(1974)」に悪役で出演した。
 遺作は"Angels in Notting Hill (2014)"

> 先週後半に米国及び世界各地で公開された「ジュラシック・ワールド(2015)」がとんでもない大ヒットになっているらしい。米国の週末成績は$60Mだとかなりのヒットだけど、"JURASSIC WORLD"はなんと$200M以上。日本では8月公開。


【今週末からロードショウ公開される予定のおもしろそうな映画】  

 マッドマックス 怒りのデス・ロード  字幕版

メル・ギブソンの出世作「マッドマックス」は1979~1985年に3作公開されたが、30年ぶりの本作はリメイクではなく続編と言うことらしい。
文明崩壊後、砂漠化した世界で戦闘集団を率いて暴力で一帯を蹂躙するイモータン・ジョーに対し、女戦士フュリサオが反旗を翻す。元警官で妻子を失ったマックスはフュリサオと共に戦うことになる。マックス役はメル・ギブソンに代わりトム・ハーディ。フュリサオ役はシャーリーズ・セロン。

 グローリー 明日(あす)への行進   金曜日公開

米国で人種差別の撤廃を呼びかけて1968年に殺されたキング牧師。

 コングレス未来学会議  

若くしてスターとなったものの今は落ち目の女優ロビン・ライトには難病に侵され視力を失いつつある息子アーロンがいる。ロビン・ライトは俳優のすべてをデータ化して本人がいなくても映画が作れる最後の契約を結ぶ。
   原作: スタニスワフ・レム『泰平ヨンの未来学会議』
   ロビン・ライト、 ハーヴェイ・カイテル、ポール・ジアマッティ、コディ・スミット=マクフィー、サミ・ゲイル

 ターナー、光に愛を求めて  

『解体されるために最後の停泊地に曳かれてゆく戦艦テメレール(1838)』などで知られる19世紀英国の画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの伝記。           ティモシー・スポール

余談だけど、TV「美の巨人」(2013/09/07放映)で戦艦テレメールの絵にはいくつもの創作が加わっていると紹介していた。
 絵の背景には海面近くに太陽が描かれている。ほとんどすべての人がこの太陽は夕陽だと思うだろうし、ターナーの画風からも間違いなく夕陽に見える。しかし・・・
 1838年9月、戦艦テレメールは解体のためにテムズ河河口からロンドンにあった解体場に西に向かって曳かれていった。つまり絵の中で海面近くに描かれている太陽は夕陽ではなくて朝日ということになる。WIKIPEDIA20150616 によればテレメールは朝から昼過ぎまで満ち潮に合わせて2日間かけて曳航された。
 しかし戦艦の最後に朝日は似つかわしくない。ターナは意識的に夕陽を描いたのだと思われる。
 またターナーの絵の中のテレメールは白く塗られていてマストには帆が巻かれている。しかし実際にはすでに廃船状態のテレメールが曳航された時はマストははずされ船体は黄色と黒で塗られていた。


(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4404-fe3c40c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)