どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

メイズ・ランナー (2014) ★★
非常にスピード感があっておもしろかった。でかい壁で造られた迷路を抜けるだけの映画みたいで若干不安だったけれど少年たちにそれぞれ個性があって良かった。

3部作の一作目。 10月(2015)に続編「メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮」が公開された。

□ トーマスは上昇している金網で囲まれた箱“ボックス”の中で意識を取り戻す。箱には"WCKD"と書かれた缶が積まれていた。ボックスが着いたのは四方がそびえ立つ壁で囲まれた広場。そこにはたくさんの少年たちが、リーダーのアルビーの元でそれぞれ役割を分担して暮らしていた。トーマスを含めて誰も自分の名前以外思い出せない。月に一度、ボックスが新しい少年一人と物資を運んでくる。
 壁の向こうは巨大な迷路になっている。壁には一か所だけ開いている場所があって朝開き夜閉じる。迷路は夜のうちに形を変えてしまう。
 朝、壁が開くとミンホをリーダーとする“ランナー”たちが壁の中に入って出口を探し、夕方壁が閉じる前に戻ってくる。“ランナー”と認められたもの以外壁の中に入ってはいけない。もし帰還が間に合わず壁の中に閉じ込められると“グリーバー”に殺される。
 ミンホとアンバーが壁に入る。しかし夕方、壁の近くまで戻ってきたものの間に合わず壁が閉まっていく。トーマスは壁の中に飛び込んだ。
・・・・・


・ 監督: ウェス・ボール
・ 原作: ジェイムズ・ダシュナー
・ 出演: ディラン・オブライエン、トーマス・ブローディ・サングスター、ウィル・ポールター、キー・ホン・リー、アムル・アミーン、ブレイク・クーパー、カヤ・スコデラーリオ、パトリシア・クラークソン
・ ルイジアナ

>  ニュート役のトーマス・ブローディ・サングスターは「ラブ・アクチュアリー(2003)」「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ  (2005)」「ゲーム・オブ・スローンズ 第三章 (TV2013)」など。
> ギャリー役のウィル・ポールターは「リトル・ランボーズ (2007)」 「ナルニア国物 語第3章アスラン王と魔法の島 (2010)」など。スティーヴン・キングの“IT”の映画化でペニーワイズ役を演じる予定らしい。

■ メイズ・ランナー  THE MAZE RUNNER   (2014/2015)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4381-821e0625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)