どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2015/05/22,23
 メイズ・ランナー 金曜日公開

トーマスが気がつくと巨大な壁に囲まれた広場の中で少年たちと共にいた。彼らは壁が作る迷路を脱出する方法を探っていた。夜になる前に広場に戻らないと迷路は閉じられてしまう。迷路は毎晩変わってしまう。三部作の一作目。
  ディラン・オブライエン、キー・ホン・リー、カヤ・スコデラーリオ
  ウィル・ポールターは「ナルニア国物 語第3章アスラン王と魔法の島 (2010)」でユースチス役
  トーマス・ブローディ・サングスターは「ラブ・アクチュアリー(2003)」「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ  (2005)」「ゲーム・オブ・スローンズ 第三章 (TV2013)」など。

 リピーテッド 

その日の記憶を翌朝には忘れてしまう障害を持ったクリスティーン。ある日医師だという男から電話がかかってくる。クリスティーンはずっとその医師の診察を受けていて、毎日の出来事を映像で記録していると聞かされる。
 ニコール・キッドマン、コリン・ファース、マーク・ストロング
> ドリュー・バリモアの「50回目のファースト・キス (2004)」も同じ障害を持つ女性の話だった。

 チャッピー 

近未来のヨハネスブルク。人工知能を備えた警察ロボットを開発したディオンは、さらに意識を持つチャッピーを開発する。 犯罪者に盗まれたチャッピーは犯罪をするように仕込まれる。
  デヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー

 イニシエーション・ラブ   (日本)

堤幸彦監督なので観るかもしれない。


【最近気になる予告編】

 ハンガーゲームFINAL:レジスタンス

 「ハンガーゲー ム (2012) 」「ハンガー・ ゲーム2  (2013)」に続く最終章は「レジスタンス」と「レボリューション」の2部作で公開される。日本では「レジスタンス」が6月に、「レボリューション」が11月に公開される。

 アントマン  9月日本公開

  なんと体長1.5cmのスーパーヒーローが登場。 アメリカン・コミック(マーベル)の映画化で、コミックではアベンジャーズにも参加する。  ポール・ラッド

 ピクセル   9月公開

 1982年。NASAは宇宙に向けて友好の印としてタイムカプセルを送った。しかしそれを宣戦布告と勘違いしたエイリアンが、地球を攻撃する。
 ドンキーコング、パックマン、スペース・インベーダーなどかって世界を席巻した日本生まれのゲーム・キャラクターたちが街を襲う。 パックマン生みの親の岩谷氏(俳優が演じている)も出演。
  アダム゜・サンドラー、ミシェル・モナハン、 ピーター・ディンクレイジ、ショーン・ビーン

 ファンタスティック・フォー  秋に公開

2005年から2作(「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット (2005)」「ファンタスティック・フォー 銀河の危機 (2007)」)公開されたファンタスティック・フォーのリブート・シリーズ。続編は2017年公開予定。
 マイルズ・テラー、 ケイト・マーラ

【米国で今週末から公開されるおもしろそうな映画】

 POLTERGEIST

家の中で物が勝手に動き回り幼い少女が姿を消す「ポルターガイスト(1982)」のリメイク。 サム・ロックウェル

(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4370-e099f460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)