どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ホーム・アローン5 (2012) ★
マコーレー・カルキン主演ですごくおもしろかった「ホーム・アローン(1990)」「ホーム・アローン2(1992)」シリーズの5作目。3作目以降は主人公が毎回変わっている。全作を確認したわけではないけれど、基本的な設定は男の子がクリスマスの時期に家族と離ればなれになって悪党たちと対決するというもの。

 本作の主人公フィンがパパのまねをして髭をそりアフターシェーブローションをつける場面は一作目にもあった。同じアクションを期待したら ・・・
 一番おもしろかったのはフィンのオンライン対戦相手のサイモンが、フィンの窮状を知らせようと母親に電話すると、母親がサイモンを誘拐犯だと勘違いしたところ。
 悪党のボス役に「時計じかけのオレンジ (1971)」のマルコム・マクダウェル、フィンの姉役にジョデル・フェルランド
DVDで観た。

□ バクスター一家(フィンと姉アレクシスと両親)は母親の仕事のためにクリスマス休暇を利用して暖かいカリフォルニアから雪が積もる米国東北端のメイン州に転居してくる。転居先の家は古めかしいけれど大きくて立派なのになぜか格安の物件。フィンは幽霊がいると言ってアレクシスにバカにされる。フィンは地下室で大きな金庫を見つけるが家族には内緒にしておく。フィンは隣の子に自分の家でゲームをしようと誘うが幽霊がいるから嫌だと断られる。母親が新しい雇用主の山荘でのクリスマス・パーティに家族ごと招待される。
 一家がクリスマスの買い物に出かけている間に3人組が忍び込む。彼らの目的は家の前の持ち主が隠しているはずの名画を盗むことだった。パーティの招待状を見つけた3人組は出直すことにする。
 パーティ当日、フィンもアレクシスも家にいたいというので両親だけで出かける。夜、家族全員出かけたと思っている3人組がフィンの家に到着する。
 ・・・・・ 
 

・ 監督: ピーター・ヒューイット
・ 出演: クリスチャン・マーティン(フィン)、ジョデル・フェルランドマルコム・マクダウェル、エディー・スティープレス、デビ・メイザー、ダグ・マーレイ、エリー・ハーヴィー
・ ロケ:  Winnipeg, Manitoba, Canada

■ホーム・アローン5 HOME ALONE: THE HOLIDAY HEIST (2012、アメリカ/カナダ) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4344-d111d349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)