どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

リトル・ダンサー (2000) ★
1984年、サッチャー政権が採算の悪い20ヶ所の炭鉱の閉鎖を決める。そんな炭鉱町ダーラムに住む11歳の少年が主人公の15年前の映画。TOHOシネマズの「第三回 新・午前十時の映画祭」で観た。
 少年の父親はダーラムに生まれ育ちダーラムと炭鉱の事以外知らない。兄は炭鉱組合のリーダー。
 父親は11歳のビリーに男らしいスポーツ、ボクシングの練習をさせるがビリーが興味を持ったのは自分より小さい女の子たちが習っているバレエ。父親や兄にバカにされてもビリーはバレエにのめり込んでいく。
 主演のジェイミー・ベルは本作で英国アカデミー賞(British Academy Film Awards)の主演男優賞を受賞した。
 映画は舞台ミュージカル"BILLY ELLIOT"となった。さらに映画化され「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー(2014)」となった。
 台詞に出てくるダーラム(ダラム)の大聖堂はユネスコの世界遺産に登録されている。
> 同じく1984年の炭鉱閉鎖を描いた映画に「パレードへようこそ(2014)」がある。
> 同じくバレエダンサーを目指すノルウェーの少年たちを描いたドキュメンタリー映画「バレエボーイズ (2014) 」がある。

□ 1984年、英国北東部の炭鉱町ダーラム。炭鉱が閉鎖されることになり、炭坑労働者たちはストライキに突入する。父親も兄も炭鉱で働いている11歳のビリー・エリオット(原題)は父親の命令で1回50セントでボクシングを習っていた。母親は昨年亡くなり、おばあちゃんが一緒に暮らしている。
 ボクシングホールの一部に女の子たちのバレエ教室が移ってきて、ビリーはボクシングよりもバレエに興味を惹かれる。ビリーは父親や兄に内緒で50セントをバレエの先生に払って小さい女の子たちに交じってバレエを習い始める。
 それを知った父親はバレエは女がするものだと頭から禁止する。
 ビリーの才能を認めたバレエの先生はビリーにロイヤルバレエ学校の受験を勧める。しかし組合のリーダーである兄が逮捕され受験どころではなくなる。
 ・・・・・・


・ 監督: スティーヴン・ダルドリー
・ 出演: ジェイミー・ベル(ビリー)、ジュリー・ウォルターズ、ゲイリー・ルイス、ジェイミー・ドレイヴン、ジーン・ヘイウッド、スチュアート・ウェルズ

【映画の中の映画】 「トップ・ハット(1935)」: フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース

◆リトル・ダンサー BILLY ELLIOT (2000/2001、英国)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4329-77f2a472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)