どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

トランストリップ (2013) ■
初めて国外に出た少女が慣れない土地で慣れない人たちに囲まれて孤独感や疎外感を感じておかしくなっていく。
米国人のブリンクが若干おかしいけれどこの程度の変な人ならどこにでもいる。他の人たちも特別異常なわけではない。
アリシアの感受性が強すぎるのか。もしかすると外国どころか、生まれ育った町や環境から出たことがなかったのかもしれない。
DVDで観た。

□ 米国人の少女アリシアはいとこのサラと休暇を過ごすためにチリのサンティアゴに着く。アリシアにとって初めての外国だった。
 アリシアはサラとサンティアゴで過ごすのだと思っていたが、サラの友達3人を加えた5人で島に行くことになっていた。
 車で島に向かう途中サラに電話がかかってくる。サラは学校で追試を受けるためバスでひきかえし、アリシアはスペイン語ばかり話す初対面の3人と車で島に向かう。
 ボートで島についた時、アリシアはバルバラのバッグを水に浸けてしまう。やっと小屋に着くがアリシアは落着けない。米国人留学生のブリンクが何かとさわってくる。サラの恋人アグスティンは催眠術の本を読んでいてアリパソコンで渦巻きを見せる。アリシアは夜も眠れない。
 翌日、アリシアは電波が通じる丘の上でサラに電話して早く来てほしいと言うが、サラが来るのは翌日だという。夜、アリシアはサラに電話で不満をぶつける。
 翌日、サラが合流しアリシアはほっとする。しかしサラは恋人のアグスティンにべったりでアリシアをかまってくれない。おまけに昨晩はアリシアと電話で話していないと言い張る。
 ・・・・・・・・・


・ 監督: セバスティアン・シルバ
・ 出演: ジュノー・テンプル(アリシア)、エミリー・ブラウニング(サラ)、カタリーナ・サンディノ・モレノ、アグスティン・シルバ、マイケル・セラ
> 2014/10 ヒューマントラストシネマ渋谷他で開催された"シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014"で上映された。
> アグスティン役のアグスティン・シルバは、監督のセバスティアン・シルバの弟
> アリシアがやけどの手当てをとてもらった家の外に咲いている花は“アジサイ”のように見える。“アジサイ”は日本原産らしいが南米まで渡った? それとも似ている別の花か。

■トランストリップ MAGIC MAGIC (2013/2014、チリ/米国、英語/スペイン語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4320-8d034ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)