どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密  (2014)  ★
博物館の展示物が夜になると動き出す「ナイト ミュージアム」第三弾。今回は大英博物館の展示物が暴れだす。相変わらず中身はないけれど観ていて楽しい映画。
 2作目でラリーは夜間警備員を辞めていたのにまた復帰していた。なんとなくこれで最後かなという終わり方だけど、5年後くらいに新作ができてもおどろかない。

 セオドア(テディ)・ルーズベルト大統領役のロビン・ウィリアムズは2014年8月に亡くなった。姿を見せての出演はこの映画が最後らしい。声だけの出演では「Absolutely Anything (2015」がある。
 一作目に警備員として出演していたディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、ビル・コッブスが老人ホームのシーンで再び出演している。 ディック・バン・ダイクは1960年台「メリーポピンズ」「チキ・チキ・バン・バン」などのディズニーのミュージカル映画に出演。ミッキー・ルーニーは1930年代から活躍している米国俳優で、 アカデミー賞特別賞(1939) 、アカデミー賞名誉賞(1983) を受賞した。2014年6月に死去した。
 デクスターを演じているクリスタル・ザ・モンキーは「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を超える(2011)」「幸せへのキセ キ(2011)」等に出演している女優。
 本人役で ヒュー・ジャックマンやアリス・イヴが顔を出している。

□ ニューヨークのアメリカ自然史博物館に新設されたプラネタリウムの開設記念パーティが開かれる。夜警のラリーはテディたち展示物に手伝ってもらいパーティを盛り上げようとするが、展示物が暴れだし大失敗してしまう。
 どうやら展示物に命を吹き込むアクメンラーの石板が変色しつつあるのが原因らしい。
 エジプトでアクメンラーの石板を発掘したときにその場にいた前警備員のセシルからアクメンラーの両親が大英博物館に展示されていることを聞き、ラリーは息子のニックを連れ、アクメンラーと石板と共に大英博物館に行く。なぜかテディやデクスターたちも一緒に来てしまう。ラリーに瓜二つの原始人ラー(ベン・スティラーの二役)もついてくる。
 当然大英博物館の展示物も動き出し、ラリーたちに襲いかかってくる。石板を持ってロンドンの街に飛び出したランスロットはキャメロットを捜す。
・・・・・・


> ランスロット: アーサー王伝説に登場する騎士。アーサー王の妃グィネヴィアと不倫をした。キャメロットはアーサー王の居城があったところ。ブロードウェイ・ミュージカル「キャメロット」もある。

・ 監督: ショーン・レヴィ
・ 出演: ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、ラミ・マレック、オーウェン・ウィルソン、スティーヴ・クーガン、パトリック・ギャラガー、ミズオ・ペック、スカイラー・ギソンド、ダン・スティーヴンス、ベン・キングズレー、リッキー・ジャーヴェイス、レベル・ウィルソン、アンジャリ・ジェイ、ディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、ビル・コッブス、クリスタル・ザ・モンキー、ヒュー・ジャックマン、アリス・イヴ

■ ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(字幕) NIGHT AT THE MUSEUM: SECRET OF THE TOMB (2014/2015) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4308-4e5d8e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)