どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

タイム・ハンターズ (2014) ★
19世紀初め、現在のカリフォルニア州北部に実在したロシアの砦フォート・ロス(ロス砦、原題)に、現代のロシア人がタイムトラベルするロシア映画。DVDで観た。
アラスカが昔ロシア領、カリフォルニアが昔スペイン/メキシコ領だったことは知っていたが、ロシアの拠点がサンフランシスコ近くまであったことは知らなかった。
そういう意味で勉強にはなったけれど、映画としてはそこそこ。
タイムマシンがスマホのアプリというのは目新しかったけれど。

(歴史)19世紀初めアラスカはロシア領だった。ロシア皇帝は露米会社に毛皮採取や鉱物採掘の独占権を与えた。露米会社はアラスカからカリフォルニアまで拠点となる砦を築いた。1812年、カリフォルニア北部(サンフランシスコの北約55km)に最も南の砦フォート・ロス(ロス砦、原題)の建設を開始した。当時カリフォルニアはスペイン領だった。現在、砦は"Fort Ross State Historic Park"となっている。
 1825年12月、アレクサンドル皇帝が崩御する。新皇帝ニコライ一世への宣誓式が行われるペテルブルグで「デカブリストの乱」と呼ばれる反乱事件が起きた。

□ 2013年、モスクワのTV局記者のディミトリ・クリモフは米国のフォート・ロスの取材を命じられる。昔の資料を調べていたディミトリは、デカブリストの乱の首謀者のひとりルイレーエフ宛の密書に同封されたクリモフ中尉の似顔絵が自分にそっくりなのでおどろく。
 ディーマ(ディミトリ)はカメラマンのフィーマと共に渡米。音響担当としてマルゴが空港で出迎える。
 フォート・ロスでの休憩中にディーマは自分のスマホに知らないアプリを見つけて起動するとなんとディーマは一瞬1820年にいた。
 過去に行けることがわかったディーマ、フィーマ、マルゴの3人は昔風の衣装に着替えて1820年に飛ぶ。

 3人はモントレーに着くが、海賊にマルゴがさらわれスマホもとられてしまう。
 スペイン将校がフォート・ロスを訪ねモントレーで不審なロシア人が目撃されたと苦情を言う。ディミトリ中尉に率いられたロシア兵の分隊が捜索に出発する。
 ディミトリ中尉に出会ったディーマはロシアはカリフォルニアを手に入れるべきだと進言する。
 ・・・・・・・・


・ 監督: ユーリー・モロズ
・ 出演: マクシム・マトヴェーエフ、Anna Starshenbaum、Maksim Vinogradov、Laia Costa

■タイム・ハンターズ Форт Росс "FORT ROSS" (2014/---、ロシア、ロシア語/英語/スペイン語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4295-634660be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)