どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015) ★★★
中学生たちが同級生の死亡事件について同級生を殺人容疑の被告にして学校で裁判を開くと言うおよそありえない設定の映画。ところがもう『もっとよく耳を傾けていれば』等々の学校の言い訳は聞きあきているし、ことさら大騒ぎして事を荒だてようとしている(ように思える)TV番組も見飽きている。教師や生徒や親たちの言動にしてもいかにもありそうなことが積み重ねられている。
主人公の藤野涼子はクラス委員でまじめな“良い子”だが、彼女でさえ実はいじめを見て見ぬふりをするような一面を持っている。そんな自分の弱さを振り捨てて学校裁判を提案する。2回観た。
2015年初めての★★★

□ 1990年12月25日の朝、東京都江東区の城東第三中学校の校庭で雪に埋もれた2年生の柏木卓也の死体が発見される。警察も学校も自殺と判断し葬儀が行われる。
 ほどなく柏木卓也の同級生で父親が刑事の生徒、藤野涼子と校長に“柏木卓也は大出俊次他2名の生徒に殺された”という告発状が届く。柏木卓也の死因を自殺と判断している警察は事件の再捜査はせず、差出人を探そうとする。
 しかし卓也の担任の森内教諭宛の破られた告発状がTV局に送られてくる。マスコミが連日学校と警察の隠ぺいについて騒ぎたてた。告発状を破いて棄てたとされた森内恵美子教諭は辞職する。
 3年生になった藤野涼子たちの前に、他校の生徒で小学生の時に柏木卓也の友人だったという神原和彦が現れる。神原を交えて藤野達は事件について話し合った。警察や学校は柏木卓也の死因を自殺と決めつけているが、大出俊次が殺したと言っている人たちも多い。真実は何なのか。
 藤野涼子は卒業制作として大出俊次を被告とする学校内裁判を提案する。
.... 後篇・裁判 に続く。


・ 監督: 成島出
・ 原作: 宮部みゆき
・ 出演: 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、富田望生、前田航基、望月歩、清水尋也、加藤幹夫、石川新太、西村成忠、西畑澪花、若林時英
    小日向文世、安藤玉恵、黒木華、木下ほうか、松重豊
    佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、塚地武雅
    田畑智子、田中壮太郎、市川実和子、嶋田久作
    余貴美子、尾野真千子

■  ソロモンの偽証 前篇・事件  (2015、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4294-2daba5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)