どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ドラゴン・フォー 秘密の特殊捜査官 隠密 (2012、中国) ★
温瑞安の武狭小説シリーズ「四大名捕」を映画化したファンタジーアクション。DVDで観た。
VFXを駆使した派手な映像が楽しい娯楽映画。
 3部作の1作目で「ドラゴン・フォー2 秘密の特殊捜査官 陰謀 (2013)」「ドラゴン・フォー3 秘密の特殊捜査官 最後の戦い (2014)」と続く。この3部作は話がつながっているので順番に観た方が良い。

> 追命は江湖出身。WIKIPEDIA20150302 によると武俠小説において“江湖”というのは武術を身につけた人たちが集まる特殊な社会を意味するらしい。

□ 北宗末期の中国では贋金が大きな問題となっていた。
 首都の治安を守る六扇門では捕吏(捜査官)を能力によりランクづけし最高位4人を“四大名捕”と呼んだ。
 六扇門は贋金づくりの容疑者賈三を捕えようと酒場酔月楼を急襲する。しかしすでに六扇門を率いる捕神の柳さえも存在を知らなかった皇帝直々の組織、神候府が賈三を捕えて取り調べを終えていた。神候府を率いる诸葛正我は賈三と銅銭の鋳型を捕神に引き渡す。
 神候府に脅威を感じた柳は勝手な行動をしたとして捕吏の冷凌棄を六扇門から追放したと見せかけ、神候府に潜入し情報を探るように命じる。
 一方、诸葛正我は、酔月楼にいた冷凌棄の能力を認めて神候府に誘い、冷凌棄は悩むことなく神候府に潜入する。
 神候府メンバーで下半身不随の無情(盛崖余)は人の心を読むことができ、冷凌棄が自分を気にしていることを知って動揺する。同時に冷凌棄が六扇門を捨てていないことにも気づく。
 町に出回る偽銅銭を追っていた神候府は豪商安世耿が黒幕ではないかと疑う。しかし安世耿には蔡丞相という強力な後ろ盾があり、神候府も六扇門もうかつに手を出せない。
 ・・・・・・・


・ 監督: ゴードン・チャン、ジャネット・チュン
・ 原作: 温瑞安「四大名捕」
・ 出演: ダン・チャオ、リウ・イーフェイ、コリン・チョウ、ロナルド・チェン、アンソニー・ウォン、吳映潔(鬼鬼)、吴秀波、江一燕、チェン・タイシェン

■ドラゴン・フォー 秘密の特殊捜査官 隠密 四大名捕 "THE FOUR" (2012/2014、中国中国語普通話) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4288-99ab6aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)