どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

余命90分の男 (2014) ★
ブルックリンで最も怒っている男(原題)が医師から余命90分と宣告される。男は残された90分で、最悪だった妻、子、弟との関係を修復しようとする。コメディなんだけれど、脳動脈瘤の初老の男がよたよた走っているのは笑えない。
 この映画は米国では2014年5月に公開された。8月にロビン・ウィリアムズが亡くなった。自殺と見られている。遺灰はサンフランシスコ湾に散骨された。
 DVDで観た。男がロビン・ウィリアムズに思えた。
 イスラエル映画「Mar Baum (1997)」の米国版リメイク。

□ 1989年、ヘンリー・アルトマンは妻とふたりの幼い息子たちと幸せに暮らしていた。
 25年後、ヘンリーは世間のすべてにいらだっていた。
 シャロン・ギル医師は3日前飼い猫のハロルドが10階から飛び降りて悲しみに沈んでいた。おまけに病院は患者であふれ、さらに医師のひとりが私用で不在のためパニック状態だった。

 ヘンリーは医療センターで診察を受ける。いつもの担当医師が不在で若い女医がカルテを見ながら「脳動脈瘤」だと告げる。シャロンは内科医なので専門医を紹介すると言うが、ヘンリーはどなりながら症状や余命について尋ねた。
 しつこくて高圧的なヘンリーにキレたシャロンは、そばに置いてあった雑誌の表紙の『完璧なターキーへの90分』という文字を見て「余命は90分」と言ってしまう。

 病院を飛び出したヘンリーは90分で何をすべきか必死に考えた。
 2年前まで、ヘンリーは明るい男だった。ヘンリーは過去2年間を90分で修復しようとする。
 一方、シャロンは必死でヘンリーを探していた。
 ・・・・・・・・


・ 監督: フィル・アルデン・ロビンソン
・ 出演: ロビン・ウィリアムズ、ミラ・クニス、ピーター・ディンクレイジ、メリッサ・レオ

【映画の中の台詞】 「最後の体位はスプーン」:“体位 スプーン”で検索したらちゃんと出てきた。
【映画の中の日本】 ヘンリーはビデオカメラを買おうとする。店番は「パナソニック?フジツウ?」と聞くがへんりーは「サムスン」を指名。

■ 余命90分の男 THE ANGRIEST MAN IN BROOKLYN (2014/2015) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4278-23d449e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)