どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

人類滅亡計画書 (2012、韓国) ★
SF短編3作のオムニバス映画。東京国際映画祭(2013)で上映されたが映画館公開はされずDVDで観た。

■[素晴らしい新世界]
 正体不明のウイルスによって人々がゾンビ化していく。監督のポン・ジュノがカメオ出演している。

□ ソグは旅行に出かけた母親に言いつけられた生ごみや腐ったリンゴをゴミ捨て場に捨てる。生ごみは牛の飼料に加工される。
 ソグはユミンを口説こうと焼き肉屋に誘う。レバーからなぜかリンゴの皮。ユミンと行った公園で、ソグはトラブルになった学生たちをぼこぼこする。ソグの異常さにユミンは逃げてしまう。
 友人と行ったクラブでソグは吐き始める。公園では病人のようになった学生たちがアベックを襲う。
 町はゾンビのような人たちであふれ、そこら中で殺し合いが起きる。
 緊急事態にもかかわらずTV討論会ではいわゆるコメンテーターが偉そうに自分勝手なことを言い合っている。
・・・


・ 監督: イム・ピルソン
・ 出演: リュ・スンボム、 コ・ジュニ、  マ・ドンソク、 ポン・ジュノ

■【天上の被造物】

 悟りを開いたロボットが僧侶に説法を始める。機械の説法なんて毛嫌いしそうな僧侶たちがロボットを和尚と呼んで心服している。最後にオチ

□ お寺に導入されたガイドロボットRU4が悟りを開き信者だけでなく僧侶たちにも説法を始める。 UR社から派遣された修理士が調べるが異常は発見されない。故障と判断したUR社は処分を決定する。 しかしRU4をインミョン和尚と呼んで心服している寺は頑強に反対する。 UR社の会長が処理班を従えて寺に乗り込んでくる。
 ・・・・・・・・


・ 監督: キム・ジウン
・ 出演: キム・ガンウ、キム・ギュリ、パク・ヘイル(インミョンの声)、ソン・ヨンチャン、キム・ソヒョン、イ・ボンギュ、チョ・ユニ

■【ハッピー・バースデイ】

 地球に小惑星が向かってくる。ペ・ドゥナの出演は最後の方だけ。

□ 父親が大事にしているビリヤードの8番ボールを壊してしまった少女ミンソは父親に見つからないように8番ボールを窓から投げ捨てインターネットで見つけた格安サイトで注文する。
 2年後のミソンの誕生日、地球に小惑星が向かってくる。衝突まであと12時間。接近した小惑星は8番ボールの形をしていた。ミヒンが注文したボールが届いたのだ。
 数時間後の死を覚悟して放送を続ける男性キャスターに対し女性キャスターがとんでもない暴露を始め、ウェザーガールも自分勝手に行動し始める。
 ・・・・・


・ 監督: イム・ピルソン
・ 出演: チン・ジヒ、ソン・セビョク、ペ・ドゥナ、リュ・スンス、イ・ヨンウン、コ・ジュニ

■ 人類滅亡計画書 인류멸망보고서 "DOOMSDAY BOOK"  (2012、韓国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4262-58aed1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)