どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間 (2013) ★★
ケネディ大統領暗殺事件にはからずもまきこまれてしまった人達の4日間を描いた映画。当時の記録映像も使われている。DVDで観た。

事件そのものはこれまで何度も映像化されていたが、この映画では大統領が運び込まれた病院の様子や元大統領の遺体の搬送なども描かれている。また犯人とされたオズワルドの兄と母親も描かれている。

いくつか、気になるセリフがあった。

① コダックの技術者の台詞「フィルムを片側だけ」
 ザプルーダーのベル&ハウエル社の8mmカメラは16mm幅のフィルムを使用して、最初片側に撮影し、終わったらフィルムを入れなおしてもう片側に撮影するダブル8( standard 8 / regular 8 / normal 8 )方式。現像後切り離されて8mm幅になる。1965年に始めから8mm幅のフィルムで撮影するスーパー8やシングル8が登場する。

② ソレルズ捜査官がザプルーダーに「フィルムの持ち主はあなただ」
 証拠品として強制的にフィルムを押収しそうなものだが必ずザプルーダーの意志を確認している。フィルムの現像も複製もザプルーダー主導で行い、ソレルズ捜査官はザプルーダーからコピーを受け取った。

③ 大統領を護衛するシークレットサービスの台詞「ジャッキーは誰が守る?」
  シークレットサービスの職務は大統領と家族を守ることで、ケネディ大統領が死ねばジャクリーン夫人は一般人となるのでシークレットサービスの管轄外になるらしい。そばにいたジョンソン新大統領の一声でシークレットサービスはジャッキーも護衛できるようになる。
 もちろんジョンソンとしてはケネディと共に国民に人気のあるジャッキーに恨まれるようなことはできなかったのだろう。

□ 1963年11月22日、ケネディ大統領がダラスに到着する。
 大統領の車列が通るエルム通り近くに事務所があるケネディ大統領の熱狂的な支持者のエイブラハム・ザプルーダーは8ミリカメラを持って道路を見渡せる位置で待ち構えた。
 12時半ごろ、車列が現れザプルーダーは撮影を始める。大統領のオープンカーがザプルーダーの前を通過した時、銃声が聞こえ大統領が撃たれたその瞬間を撮影してしまう。
 呆然として立ち去ろうとしたザプルーダーに地元の記者が声をかけた。

 パークランド・メモリアル病院に大統領が来るという連絡が入るが医師は風邪でもひいたのだろうと思っていた。
 やがて血だらけのシャツを着たシークレットサービスの男たちが頭から血を流している大統領を運び込んできて、チャールズ・“ジム”・キャリコ医師が治療を始めた。

 シークレットサービス ダラス支局長のフォレスト・ソレルズが、ザプルーダーを訪ねる。ザプルーダーは自分が撮影した場所や状況を説明した。彼らは現像のためにコダックのラボを訪ねる。

 病院ではピンクのドレスを血に染めたジャクリーン夫人が大統領の頭蓋骨の破片を婦長のドリス・ネルソンに手渡した。
 キャリコ医師が大統領の蘇生を断念、午後1時に死亡と発表する。

 ロバート・オズワルドは職場のラジオで弟のリー・ハーヴェイ・オズワルドが大統領殺害事件を捜査中の警官を殺した容疑で逮捕されたことを知る。
 TVを見ていたFBIダラス支局のジェームズ・ホスティ捜査官はリー・ハーヴェイ・オズワルドの名前に心当たりがあった。リーは過去にソ連に亡命したのち帰国し、エルム通りに面した教科書倉庫ビルに1ヶ月くらい前から勤めていた。

 現像されたザプルーダーのフィルムには衝撃的な映像が映っていた。ザプルーダーはコピーをソレルズに渡す。
 ザプルーダーはフィルムの映像の報道についてライフ誌と契約するが大統領が撃たれた瞬間の映像の非公開を条件とした。

 リーHオズワルドは郡拘置所に移送されるためにダラス市警の地下駐車場に降りたところで撃たれる。その瞬間がTVの生放送で放映された。オズワルドはパークランド・メモリアル病院に運ばれた。
 ・・・・・・


> ザプルーダーは婦人服製造会社を経営していて彼の事務所はディーレイ・プラザ沿いのビルにあった。
> 事件現場に行ったことがあるがオズワルドが銃を撃ったとされる教科書倉庫ビルがぽつんと建っていたという記憶がある。

・ 監督: ピーター・ランデズマン
・ 原作: ヴィンセント・ブリオシ "FOUR DAYS IN NOVEMBER: THE ASASSINATION OF PRESIDENT JOHN F. KENNEDY"
・ 出演: ポール・ジアマッティ、ロン・リヴィングストン、デヴィッド・ハーバー、ビリー・ボブ・ソーントン、トム・ウェリング、ザック・エフロン、コリン・ハンクス、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジェームズ・バッジ・デール、ジャッキー・ウィーヴァー、ジェレミー・ストロング

■ パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間  PARKLAND (2013/2014) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4211-ade6dfc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)